存在の定義

一般に、存在という用語は、創造され、生命に恵まれたものを指すために使用されます。人間と動物は存在と見なされます。なぜなら、存在について話すとき、私たちは何かについて話していることがすぐにわかるからです。人生と自分の存在。

同様に、存在という用語は、その存在が保持する本質と性質を指します。たとえば、動物の存在は、一方では生存であり、他方では生殖です。

一方、存在は哲学的な文脈で特別な存在であり、したがって哲学の中で、それは何世紀にもわたって、あらゆる時代のほとんどの哲学者や思想家によって広く議論され、取り組まれてきた質問であり、もちろんそれは多様なアプローチの対象でもありました。

伝統的に、そしてこのレビューの冒頭で述べたように、存在という用語は、エンティティまたはエンティティの同義語として考えられてきましたつまり、存在と自律性を持つものを言うのと同じです。しかし、アリストテレスやプラトンのような偉大な哲学者の考えを掘り下げてみると、存在の概念に関して特定の深刻な矛盾が見つかります。

たとえば、プラトンにとっては存在がアイデアですが、パルメニデスにとっては存在または存在するものであり、無に反対するものであり、パルメニデスが提案したものをもう少し拡大したアリストテレスにとっては、これが彼によれば、すべてが同じ方法であるとは限らないので、用語に与えられた、存在は存在するまたは存在するすべてのものの中で最も親密です。

これらの哲学的矛盾から、この用語について、もちろん異なる2つの概念が浮かび上がってきました。

一方では、存在がさまざまなものの最も一般的な特徴であると主張するという一義的な概念、つまり、すべての特定の考慮事項が排除され、それらが存在するという事実を残してインポートします。

そして一方で、存在の類推的な概念は、存在はすべてのものに帰することができるものであると主張しますが、異なる方法で、存在は異なるオブジェクトや物が区別されるが一致するものでもあります。このため、存在するという概念の反対は何もありません。