重商主義の定義

重商主義は、16世紀からヨーロッパで普及した経済思想の体系であり、国の重要性と富はほぼ完全にその商業活動に依存していると考えられていました。この経済理論は、ヨーロッパが中世に経験した商業的閉鎖から抜け出し始め、さらに貿易が重要なものを獲得するための主要な活動としての地位を獲得し始めた歴史的な瞬間に生まれました。金銭的利益...

重商主義は、その名前が示すように、貿易と堅固な国内市場の確立が成功と強力を望んでいた現代国家の主軸であるべきであるという概念に基づいています。アダム・スミス、ジャン・ボダン、ジャン・バティスト・コルベールなどの思想家がこの理論を広め、擁護する主な責任を負い、それによって新しい州は商業活動で財源を増やすために必ず探さなければなりませんでした。

商取引が興味深い復活を経験していた歴史的な瞬間に重商主義理論が現れたのは偶然ではありません。さらに、この理論が強くなり始めた頃には、ヨーロッパはすでに新世界と接触しており、銀、金、その他の富の送金がますます重要になっているという事実を無視することはできません。

貿易と強力な国内市場の確立を奨励しようとしたと同時に、この理論は、その成功に関係したすべての事例を導き、管理するための国家の積極的かつ直接的な参加も暗示していました。このように、近代国家は、後の経済的自由主義の時代とは異なり、明確に中央集権化された権力と経済への積極的な干渉を備えた国家として特徴付けられるでしょう。