崇拝の定義

崇拝という言葉私たちの言語で広く使われています。

神の性格に起因する人または物に対する敬意行為は、崇拝の観点から表現されます。ローラは母親が彼女にくれた小さな象の像を愛し、毎朝彼女はそれにキスをします。

崇拝の行為は、通常、崇拝する人が崇拝する人への完全な服従を示す行為または身振りによって現れるため、容易に認識できます。

一方、宗教では、この言葉は、忠実な人が彼らの神に行う敬意と名誉を示すために使用されるため、非常に習慣的に使用されています。なぜなら、カトリックの教義など、宗教の教義に自分自身をコミットする人は誰でも、そのコミットメントに暗示されているのは、神、聖人、そして彼らに敬意を払う儀式の崇拝です。

祈りは宗教における偉大な崇拝の儀式の1つであり、前述の祈りの崇拝は個人の軌道で実践することができますが、教会や大衆の儀式などの神聖な場所でも実践する必要があることに注意してください。

そして、一般的な言い方をすれば、私たちが何かや誰かを過度に好きなとき、私たちは通常それを愛していると言います。一般的に、崇拝の対象や対象は、私たちが深い愛を感じ、私たちが命を与えることさえできるものです。家族、友人、配偶者は私たちの崇拝を目覚めさせることができる主題のいくつかです。私は母が大好きです。私はあなたが作る音楽が大好きです

一方、反対の概念は軽蔑の概念であり、それは正確に何かまたは誰かに与えられた小さな尊敬を指します。偶像化、崇拝、愛は、この概念に関連して私たちが最もよく使用する同義語です。