腓骨の定義

腓骨という言葉は、互いに非常に異なる2種類のオブジェクトを示すために使用されます。ある意味では、腓骨は脚の骨の1つを指す用語です。しかし同時に、腓骨は、衣服を体に固定するために結合または保持するために使用されるクラスプまたは固定要素の一種です。

生物学や解剖学の観点から腓骨について話すとき、私たちは下半身を構成する下半身にある骨を指します。腓骨は、腓骨として何度も現れます。それは他のものと比較してかなり広大な骨であり、繊細で、両端に加えて、外側、内側、および後方の3つの面を含む中心で構成されています。脛骨とともに、腓骨または腓骨は、大腿骨が上にある脚の下部を構成します。

しかし、腓骨はブローチやピンも意味します。ここでは、ファッション、テキスタイル、衣類のデザインの分野でこの意味を見つけます。フィブラは、衣服を体に取り付けるために使用される中小規模のツールです。そうしないと、脱落したり、希望どおりに保持されなかったりします。フィブラは古代において特に重要でした。当時、衣服はまだ縫い目で作られていませんでしたが、さまざまな方法で体の周りに配置されていました。

通常、フィブラは金属でできており、世界中の多くの美術館で見られるように、最も美しいのは、宝石や色で飾られた金や銀などの金属で作られたケルト人でした。これらのフィブラは、それらを使用したのは購買力の高い人々であり、多くの場合、これらの要素は最高かつ最も強力な社会階級に限定される可能性があることを示しています。