被害の定義

被害者の概念は、被害者と被害者の考えから存在します。まず、被害者を他の人に攻撃されたり無視されたりした人と定義することから始めます。被害者は、身体的虐待、言葉による虐待、心理的虐待の被害者である可能性があります。しかし、犠牲者の概念は、人が自分自身を決定する(または他の人が彼を決定する)という条件で、必ずしもある程度の誇張をすでに想定しているため、この定義から少し開放されます。彼らはそれを想定しています。

心理学の専門家にとって、被害は人の精神的健康の状態であり、そこからその人は自分自身を人間関係に存在する可能性のあるすべての攻撃と攻撃の中心と見なします。多くの人にとって、被害は自分自身に注意を引く方法ですが、否定的な方法です。彼が肯定的であると考える要素から自分自身に注意を引く人とは異なり、被害者は問題の人が苦しんでいる現実の否定的な見方を想定しています。

人が現実に直面して採用できるさまざまな役割があります。犠牲者は、個人的な脅威と見なす外部の状況に直面して、自分自身を受動的な対象として位置付けるようになるため、有毒な行動の例です。

つまり、この態度は、犠牲者に典型的な無力感を養う絶え間ない苦情につながるため、有毒です。

現実に直面した否定的な立場

そして、この種の心理的不快感を真に決定しているのは、現実に直面したこの位置は、痛みを引き起こした客観的で現実的な事実によって決定される必要はないということですが、場合によっては、犠牲になった。状況の対立を示すもの。

つまり、意識的な攻撃者がいないという事実に腹を立てることができますが、過敏症によってマークされた現実の歪んだ見方は、この役割と引き換えに誰でも犠牲になる可能性があります:注意を引く。被害に伴う状況には共通の特徴があります。それは、不当な状況の被害者であったという認識です。

被害者の概念と被害者の概念のニュアンスの違いを確立することは非常に重要です。言い換えれば、被害者は、被験者自身が彼に起こったことに貢献しているという態度ともっと関係があります。

ドラマ、誇張、ネガティブな思考が特徴の態度…それは起こったことを拡大し、時間の経過にもかかわらずそれに喜びを感じます。つまり、人は不公平な状況の犠牲者であったかもしれませんが、それでも自分自身を犠牲にしていない可能性があります。強制収容所の囚人であるロゴセラピーの創設者であるビクター・フランクルは、不当な痛みを経験し、有罪に対する怒りの重荷を負わないことがどのように可能であるかの一例です。彼の著書「Man'sSearchfor Meaning」は、インスピレーションの一例です。」

メンタルヘルスに影響を与える

被害者化の問題は、メンタルヘルスにも影響を与えることです。つまり、それは負のエネルギーの放出を生み出し、このため、最も近い環境もまた、人生でこの立場をとる人々の行動によって使い果たされてしまいます。

この時点で誰もが彼の人生の主人公として振る舞うのではなく、彼自身の否定的な態度から漂流して生きているという単純な理由で、それは精神衛生を損ないます。

犠牲者は、それが現実の変更された、または真実でないビジョンを暗示する限り、人と他の人の両方にとって問題になる可能性があります。したがって、恒久的に被害を受けた人は、他の人にとっては正常と見なされる行動やコミュニケーションの方法に苦しんでいます。それはまた高い感受性を示し、状況が特定の行為についての懸念または誇張を正当化しない場合、これは間違いなく問題を引き起こす可能性があります。