純粋な物質の定義

物質は、宇宙全体に存在するすべてのものです。物質は、純粋な物質と混合物の2つのタイプに分けることができます。純粋な物質とは、水、ヘリウム、窒素、二酸化炭素などの化学組成が安定している物質です。しかし、私たちはすべての天然物質が何らかの形で混合物であり、望ましい純度まで純粋な成分に分離できる世界に住んでいるため、絶対的な純度は存在しません。

商業的な観点から、純粋な物質は90〜99%純粋である可能性があります。重工業で使用される最も純粋な物質は、99.99%の純度に達する可能性のある大きな蒸気管からの水です。

純粋な物質は、必ずしも単一の元素または化合物である必要はありませんが、混合物が均質である限り、異なる化学元素の混合物も純粋な物質です。

物質を構成する分子は、順番に、互いに結合した原子でできていることに留意する必要があります。何百万もの異なる分子があり、いくつかは工業用であり、他は自然の一部です。ただし、分子を構成する原子は無限ではありませんが、118個の異なる原子(元素の周期表で確立されているもの)があります。

純粋な物質の相とその分類

純粋な物質はさまざまな段階で発生する可能性があります。相とは、水のさまざまな相(固体、液体、気体)など、起こりうる状態変化を示す可能性のある物質の状態です。この意味で、各物質が一連の特定の物理的特性(密度、沸点、または融点)を持っていることを考慮に入れる必要があります。

純粋な物質は、単純な元素または物質と、複合元素の2つのグループに分類されます。前者は単一のクラスの原子で構成されているため、単純なものに分解することはできません(たとえば、銅板はこの金属の原子または周期表のすべての元素で構成されています)。複合物質は、定義された比率で化学的に結合された2つ以上の異なる元素で構成される物質の一種です(たとえば、塩化ナトリウム)。

写真:iStock-Srdjana1 / Borut Trdina