痕跡の定義

痕跡の概念は、私たちの言語ではあまり一般的に使用されていません。つまり、人々はそれが意味する意味を表現するためにそれほど一般的に使用していません。

一方では、痕跡は過去の一部である記憶であり、それを明示し表現するという使命である可能性があります。たとえば、手紙、絵、宝石、または私たちの過去の一部であったその他のオブジェクトです。痕跡になることができます。

通常、痕跡の概念の代わりに、私たちは通常、記憶の概念など、他のより人気のあるものを適用します

人々は通常、私たちの人生の過去を非常に絶えず見ています。これには明らかに、私たちの存在の決定的な瞬間をマークする方法を知っていた画像、物、または状況が含まれます。もちろん、それらはエンティティ自体に課金し、取得してから何年も経過した場合でも、常に記憶または大切にされます。

なぜなら、祖母の家で遊んでいたあの人形や、大いなる愛と交換されたラブレターなどを誰が持っていないのか...

多くの場合、過去の痕跡に出くわすと、即座に、彼らが呼び起こすその瞬間に心を動かします。つまり、私たちはそれについて考えていなくても、過去に関連する何かが現れた場合、突然起こるかもしれません。私たちは考えを持って非常に迅速にそこに移動します。

一方、痕跡という言葉は、問題について追跡される調査の枠組みの中で、手がかり、テストを示すために、別の意味で使用されることがよくあります。ここで、この概念の使用は、兆候や証拠の使用ほど一般的ではないことにも言及する必要があります。

調査の要請に応じて、兆候または痕跡により、調査中の事件の解決につながる質問を推測することができます。

したがって、たとえば、靴の跡は、警察が殺人者が男性であるか女性であるかを判断するための手がかりになる可能性があります。男性用の靴の足跡は、身近な環境にいる男性の調査を終了し、女性を除外することを可能にします。これにより、事件の解決に早く到達することが可能になります。それは間違いなく、この意味での痕跡の大きな貢献であり、解決に役立ちます。

また、原始的な人々が私たちに遺した遺跡や記念碑の痕跡とも呼ばれ、場合によっては彼らの文化や習慣を表現しています