ローマ数字の定義

ローマ数字システムは国際的に知られており、異なる数字を参照する7文字に基づいています。現在、それらは頻繁には使用されておらず、日付の書き込みと一部のクラシックなウォッチフェイスでのみ使用されています。それらはまた、本の新しい章を示すために、または公式のイベントに関連して(たとえば、オリンピックの版への参照)、特定の記念碑の碑文に見られます。

ローマ数字システム

7文字のそれぞれに数値があります。したがって、文字lは1に等しく、文字Vは5に等しく、文字Xは10に等しくなります。以下は、すべての同等性を確認できる表です。

ローマ数字を書くための規則

この番号付けを使用するための規則は次のとおりです。

1)加算規則に従って、等しいかそれ以上の値の別の文字の右側に書かれた文字は、その値がこれに加算されます(たとえば、Xlは10 + 1 = 11に等しく、CXVは100 + 10+に等しい5 = 115)、

2)減算ルールでは、値が大きい別の文字の左側にある文字l、X、およびCは、その値を減算します(たとえば、lXは10-1 = 9と同じで、XCは100と同じです- 10 = 90およびCDは500-100 = 400に等しい)、

3)繰り返し規則では、文字l、X、C、およびMを最大3回連続して書き込むことができ(たとえば、CCCは100 + 100 + 100 = 300に等しい)、

4)乗算規則では、文字または文字のグループの上の行は、その値に1000を乗算します。

ローマ数字の起源

人間は、特に商業活動において必需品として数え始め、指や石が計算にあまり役立たないことに気付いたときに数字が使用されます。ローマ数字の最初の記録は、西暦11世紀にさかのぼります。Cそしてローマ人は本当の発明家ではなかったと信じられていますが、彼らが現在のイタリアの北に住んでいてローマ人に征服されたエトルリア人であった可能性が非常に高いです。

その他のナンバリングシステム

ナンバリングシステムは非常に多様であり、歴史的な観点から、エジプトのナンバリング、インドアラビア記数法、マヤのナンバリング、または現在のバイナリシステムを強調することができます。

いずれにせよ、数字はあなたが現実をコントロールすることを可能にする精神の抽象化です。

写真:iStock-Robert Zelichowski / susandaniels