市民的および倫理的トレーニングとは»定義と概念

人間の知識にはさまざまな側面があります。一方では、物理学、数学、化学などの理論的知識があります。いくつかの分野は、いくつかの手動取引の場合のように、実践的なスキルと能力の学習に基づいています。文学、音楽、絵画など、知的回避と美的喜びを目的とする知識もあります。

この知識とは別に、人間は共存を促進する倫理原則と価値観を学ぶ必要があります。この目的を達成するために、礼儀正しさと倫理的な存在感を促進することに焦点を当てた特定のトレーニングがあります。

礼儀正しさ

すべての社会には、市民の行動に関連する一連の規範があります。最もよく知られていることの中で、私たちは次のことを強調することができます:礼儀正しく挨拶し、物事を丁寧に求め、他の人の話を聞き、それを必要とするかもしれない人々に私たちの助けを提供し、善行の規範を尊重します。

これらのことはすべて、家族や教室で学びます。この点に関する適切な訓練がなければ、個人および集団の行動は非常に問題があります。

基本的な倫理原則と価値観

一連の倫理原則はすべての文化で教えられています。原則として、私たちは皆、嘘をつくべきではないこと、公正である必要があること、そして善と悪を区別しなければならないことを学びました。

同様に、学校や家庭生活では、寛容、非暴力、利他主義、慈善など、社会で調和して共存するために必要な人間の価値観を特定することを学びます。

市民および倫理トレーニングコース

ほとんどのカリキュラムには、社会での生活に有利なすべてのものに関連する特定の主題があります。この種の科目で重要なことは、生徒があらゆる種類の問題について個人的な基準を内面化できるように、教師がいくつかの基本的な概念を提起することです。

この主題のプログラムでは、学生は人生のすべての秩序に影響を与える問題に直面しています。

言い換えれば、教師と生徒は対話し、人間の状態の本質的な問題について熟考します:正義とは何か、なぜ私たちは法律を尊重しなければならないのか、自由とは何か、または個人の責任は何を意味するのか。

この種の訓練は、社会全体に一連の利益をもたらすことを意味します。政治的腐敗、街頭暴力行為、または性差別の現象は、市民の規範と倫理的価値観を適切に学ぶことで戦うことができます。

写真:Fotolia-Icruci