アルファベットの定義

言語を構成する文字の整理されたセットは、一般にアルファベットとして知られています。それは26の主要な文字で構成されています:A、B、C、D、E、F、G、H、I、J、K、L、M、N、O、P、Q、R、S、T、UV 、W、X、YおよびZ。

一方、私たちのようないくつかの言語では、Ñの場合のように日常的に使用される他の文字が組み込まれ、ChやLlなどのいくつかも削除されています。

読み書きを教えるための基本的なツール

この要素は世界で非常に人気があるため、それ自体が教師や保護者が子供に手紙を教えるために最もよく使用するツールです。つまり、アルファベットは、それを知り、学ぶことが、十分に読み書きできるようにするために不可欠です。

アルファベットの単語は、単語を作成し、いくつかの組み合わせから特定の意味を持つ文を生成することを可能にする基本的かつ必要な単位を構成します。

さらに、アルファベットの各文字は、他の文字と組み合わせて変更することもできる特定の音に関連付けられている記号です。そして、アルファベットの文字の組み合わせは、各言語に溢れ、それを構成するさまざまな単語を生み出します。

アルファベットを構成する各文字には、それを認識し、他の文字と混同しないようにするために、本質的な形、線、およびストロークがあります。

ラテンまたはローマ字は、私たちが私たちの言語で使用しているものであり、英語、ドイツ語、ポルトガル語、フランス語、イタリア語などで使用されています。

一方、視覚障害者のために特別に設計された読み書きシステムである点字アルファベットなど、他のアルファベットの重要性についても言及する必要があります。これは、目の見えない人がタッチで認識し、メッセージをデコードできる隆起したポイントで構成されています。

そして、電信で使用され、点と線で構成されているモールスアルファベット。

写真:iStock-NI QIN / mediaphotos