クレームの定義

クレームとは、特定の問題を解決することを目的として、ある人が別の人の前に提起する要求です。特定の機関または企業に対して請求を行うこともできます。顧客は、設立前にそれらの権利を擁護する消費者としての権利を持っています。

実際、苦情は非常に重要であるため、レストランでさえ、顧客が苦情の場合に要求できる苦情帳を持っている必要があります。それは消費者が彼らの苦情を記録することができる本です。顧客は、不十分なサービスに関連している可能性のある意見の不一致の具体的な理由を書き留めることができます。この場合、その人は自分の観点から公正であると考えるものを主張します。

請求

したがって、あなたは自分の権利を積極的に守るために率先して行動します。このアプリケーションの処理は、正式な方法で処理するために必要な最初のステップです。

司法の観点から、誰もが法律に訴えることによって特定のプロセスで自分の権利を擁護することができます。

たとえば、離婚の場合、人は夫婦の別れの権利を守るために法的助言を求めることができます。たとえば、事業を営んでいて、高額の債務を抱える顧客がいる場合、会社は債務者から特定の金額を請求するための法的措置を取ることもできます。

そのような主張は、被った損害および偏見の補償を求めることを目的としています。

正式な主張

日常的には、書面による正式な主張はありませんが、自発的に行われるという特定の行為もあります。たとえば、店に行って購入するときに、間違った金額を返品したことに気付いた場合、顧客は出席したレジ係に苦情を言うことができます。一方、顧客が製品に何らかの欠陥があることに気付いた場合は、苦情を記録することもできます。人がいずれかの分野で何かを主張するとき、彼は彼が公正であると考えるものの前提から始め、彼は彼が彼であると考えるその権利を擁護します。

写真:iStock-zulufriend / Jayesh