本物の定義

私たちは、使う言葉本物を示すために、私たちの言語に起因する、それが持っている特性に本物と真として受け入れてきたものを、彼らが分析し、正確にその独創性を確立したりしませパラメータに応じて、本物のようなものか、拒否された後、あること、そうではないからです。

その特性を確認した後、それは真実であると宣言されました

一般的に、貴重な宝飾品や家具に関しては、その主題の専門家が呼ばれ、それが本物であるか、オリジナルとして渡される可能性があるが実際にはそうではないレプリカであるかを認識します。

レプリカトラフィックは専門家の意見を要求します

市場には、真のレプリカを通過させたい偽のレプリカがたくさんあります。そのため、専門家の目がそれを検出するために使用されます。

さらに、現在、レプリカの市場は非常に大きく、そのトラフィックは非常に一般的であり、それについての知識がなく、特定の部分に多額のお金を支払うことができる人々を欺くことを唯一の目的としています。

宝飾品やその他の高価な商品の場合、真正性は関連する価値であり、コレクターやアンティークディーラーが彼らを探しに行くときに何よりも追求するものです。

絵画、宝飾品、美術品などの売買に専念している人々は、それがオリジナルで本物の作品であるかどうかを見分けることができる豊富な経験をすでに持っています。

さて、人がこれらの物を手に入れるのが好きであるが特定の知識を持っていないとき、他の人の無知でだまして利益のあるビジネスをしようとする下品な手に落ちるのを避けるためにこれらの専門家に頼る必要があります。

もちろん、骨董品と美術品はどちらも伝統的に非常に高価な作品であり、素晴らしいビジネスを生み出す可能性があるのは、詐欺師が通常現れる場所です。

オリジナルで珍しい骨董品は、現代的で現在のオブジェクトよりもはるかに高い価格であり、通常は参照値がないため、このタイプを購入する際には専門家の手が不可欠です。

所管官庁による合法化と認可を享受するもの

一方、本物という言葉は、対応する管轄当局によって合法化または承認された時期を示すために使用されます。「私の祖父の出生証明書はいくつかの分析にかけられなければなりませんでしたが、幸いにもそれは本物であることがわかりました。彼が持っていたパスポートは本物ではなかったので、空港で保管されていました

公証人によって発行されたものなどの多くの文書は、さまざまな手順で提示するときに有効であり、本物であると見なされるために正式に認証される必要があります。

場合によっては、対応する大学機関によって正式に認証されていない場合、それらは有効であると認められず、これによりプロセスの実行が妨げられます。

今回私たちに関係する概念には、さまざまな同義語があります。いくつか例を挙げると本物、オリジナル、合法ですが、間違いなく、私たちが最も使用するものは真実です。

私たちは、それが真実で現実であるとき、何かが真実であると言います。

それどころか、何かが偽物である場合、それは真実ではなく、何よりも真実に反している場合、それは偽であると言いますが、これは本物に反対する概念です。

誠実で本物の人

一方、一般的な言葉では、誰かが彼らの誠実さ、誠実さ、そして彼らのあり方や行動において表面的なものを提示しないことによって特徴付けられることを表現したいときに、この用語をよく使用します

本物の個人は、自分の意見が受け入れられない可能性があり、まったくポーズをとっていない状況でも、自分の考えを自発的かつ自然に行動するため、簡単に認識できます。

それどころか、本物ではなく、自分の感情、意見、そして自分が人生で持っているすべてのものを偽造する傾向がある人は、偽人として指定されます。