食品の定義

私たちの言語では、それは次のように呼ばれている食品、それらの人間が摂取することが妥当と思われるある物質、食品を、一日の異なる時間に、一般的に、そしてその使命彼らの空腹を満たし、生き残る、このように彼らの栄養に貢献することです。そうでなければ、つまり、人が日中および翌日中にいかなる種類の食物も食べない場合、そのような状況は深刻な健康問題につながる可能性があり、最も極端な場合には飢餓による死につながる可能性があります。

個人も、自分を満足させるために食事をします。つまり、空腹ではないかもしれませんが、とにかくコーヒーと一緒にケーキを食べるのは、それが私たちに喜びを与えるからです。

上記の行で示したように、個人は通常、何世紀にもわたって慣例で規定されている、朝食、昼食、軽食、夕食の食事を1日に数回食べます。

朝食はその日の最初の食事です。つまり、私たちが寝た後、朝一番に食べるのは朝食です。それは通常、ミルク入りのコーヒー、またはある種のチーズやジャムを入れた他のトーストした煎じ汁で構成されています。

一方、昼食は通常正午に、遅くとも午後の早い時間に行われます。この場合、それは通常、鶏肉とジャガイモとサラダなどのより手の込んだ食べ物で構成されています。

一方、軽食は午後に行われ、通常、サンドイッチ、ケーキ、または軽食を伴う点滴が含まれます。

そして最後に、夜に行われる夕食も、サラダと一緒にローストする場合のように、いくつかの手の込んだ料理で構成されています。

食物の量と種類の両方が、とりわけ、人の習慣、社会経済的レベル、彼らの教育、彼らの宗教、彼らがいる地理的な場所などの異なる問題に依存することに言及することは重要です。

同様に、私たちは食べ物という言葉を使用して、1日のさまざまな時間に食べる行動や、特別なイベントを祝うという使命を持って食事をするために集まる友人や同僚などの会議を示します