イントラネットの定義

イントラネットの概念は、コンピューティングの分野で使用されている非常に最新の概念であり、2つ以上のコンピューターデバイス間の家庭環境で発生する接続のネットワークを指定します。したがって、イントラネットは、世界中のコンピュータとコンピュータシステムを無制限に接続するネットワークである有名なインターネットとは対照的です。一方、イントラネットは、同じスペースで複数のコンピューターが使用可能であり、それらが同じリソースまたは同じユーティリティで動作する必要がある場合に役立ちます。したがって、国内接続により、それらの要素にアクセスできます。

イントラネットとインターネットの概念は互いに密接に関連していることに注意することが重要です。どちらも、複数の電子デバイスを同時に相互に接続するという考えから生じているためです。

違いは、一方がプライベートまたは国内の接続として保持され、もう一方が世界中で利用可能なすべての接続とアクティビティに開かれているという事実にあります。イントラネットはあまり知られていませんが、今日では大多数の機関や企業が、従業員が有用な資料にアクセスしやすくするために独自のイントラネットネットワークを持っているため、それほど有用ではありません。

イントラネットは、同じハードウェアを移動せずに使用するなどの機能(たとえば、プリンター、ファックス、スキャナー、サウンドシステム、電話システムなど)によく使用されます。また、ネットワークに接続しているすべての人が、ディスク上の使用可能なスペースと既存の資料を使用できることも意味します。この意味で、ファイルやプログラムを削除すると、ネットワーク全体から消えてしまうので、細心の注意を払う必要があります。

地域経営に欠かせないツール

このリソースは、教育機関や企業で広く使用されており、学生と教師の両方がアクセスできる教育スペース(たとえば、コンピューターが内部ネットワークに接続されて相互に通信できるコンピュータールーム)でますます使用されています。

企業、政府、および中小企業は、技術機器と情報の使用を強化するために、独自の開発のためにこのテクノロジーを必要としています。情報は、安全な方法でさまざまな方法で分析および解釈されるために共有されます。