就職の面接の定義

面接は、特定の事柄に対処するための会話を維持することを特徴とする、2人以上の人との面接を伴う活動です。

求人への応募者が質問を通じて知られ、その人がその職に就く準備ができているかどうかについて結論を出すことができる会議

現在、ほとんどの場合、この概念はジャーナリズムと労働の文脈に関連付けられています。最初に、ジャーナリストは、彼らの意見またはイベントを世論に知らせるために、関連するイベントの認められた人または主人公に質問をします。一方、労働者は、応募者が自分の知識と能力を知り、その後、その職に就く資格があるかどうかを判断するために、応募者がその職に就くための話し合いを行います。

これは、人材選択の専門家または会社の責任者が実行できます。

私たちは、就職の面接を、個人が会社、機関、または特定の役職に対して示す経験、可能なパフォーマンス、能力、または信頼性を評価することを目的として正式な方法で行われるコミュニケーション交換として理解しています。

面接と申請者が考慮すべき条件はどのようになっていますか

就職の面接は、さまざまな形式があり、実施される環境や実施者に応じて多少リラックスすることができ、各機関の高官が行う面接ははるかに正式で厳格になる傾向があります。就職の面接は、克服しなければならない最初のそして最も重要なステップであるため、人のキャリアの形成として理解されているものの最初のステップです。

就職の面接のアイデアは比較的最近のものですが、従業員は常にポジションに選ばれたときに評価されますが、規範、行動の形態、ガイドライン、イディオム、および好奇心旺盛な構造の確立は比較的最近のものです候補者の選択がますます具体的になり、求められているプロファイルを満たす人だけに可能性を制限しなければならない幅広い労働市場の発展に目を向ける必要があります。

就職の面接は、プロとしてのキャリアをスタートする際に常に重要であり、そのため、応募者は、見た目(きちんとしていて、エレガントで、整然としていて、清潔である)とトレーニングのレベル(自分が持っている知識または準備)と、自分自身を表現し、可能な限り最善の方法で自分自身を処理することを可能にする非常に優れたレベルのコミュニケーション(それぞれの状況の形式を知り、礼儀正しく、責任を負い、安全で落ち着くように努めるなど)。

間違いなく、就職の面接は、人が仕事を探すときに直面する最も関連性の高いステップです。面接に到着する前に行われること、履歴書の準備、仕事の連絡先の検索、カバーレターの作成などはすべて重要な質問ですが、これらはすべて面接を受けることである最大かつ最終的な目的にリンクされています。それはあなたが探している仕事への出発点です。

誰かが就職の面接のために召喚されたとき、彼らはもちろん、失敗しないように、その瞬間のために非常によく準備しなければなりません。

最も関連性があり、すでに述べたように、落ち着いて自信を持っていることです。躊躇し、セキュリティがほとんどない人は、実際に彼が応募しているポジションを埋める能力が世界で最も高いとしても、決して良い印象を与えることはありません。

各面接官は個人的な質問方法を持ち、面接はそのポジションに固有の質問を指す場合がありますが、ほとんどの場合、申請者の性格を解明し、彼らの学問的訓練、彼らの仕事の経験を知ることに関係する標準化された質問が含まれていると言わなければなりませんとりわけ、彼がその役職に選ばれた場合の彼の期待。