一神教の定義

一神教という用語は、1つを意味する接頭辞monoと、神を指す用語theismによって形成されます。したがって、一神教は、神は1人だけであると主張するすべての宗教的信念であり、したがって、この概念は、複数の神の存在を支持する多神教的アプローチとは反対です。

一神教と多神教

すべての宗教のセットには、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教という一神教的アプローチを特徴とする3つの宗教があります。3つすべては、彼らが唯一の真の神であると考えている単一の神の崇拝において一致します。ただし、他の一神教もあります(たとえば、ゾロアスター教やシーク教)。

多神教は、ローマとギリシャの宗教だけでなく、いくつかの東洋の宗教にも見られます(たとえば、ヒンドゥー教には、ブラフマー、シヴァ、ヴィシュヌなどのさまざまな神がいます)。

仏教のように神のいない宗教があるので、一神教と多神教の二項式だけが可能な宗教的アプローチではありません。

ユダヤ教

ユダヤ人の信仰によれば、世界を創造する神がいます。彼は肉体も形も持たず、彼に匹敵するものは何もない創造主です。ユダヤ人の神は、存在するすべてのものの始まりと終わりとして理解されています。

真の神がいるので、ユダヤ人は彼が世界の支配者として崇拝されるべきである唯一の人であると主張します。彼らの知識に関して、ユダヤ人は、神が律法に含まれる宗教法を公布した預言者を通してユダヤ人とコミュニケーションをとったことを確認します。

キリスト教

クリスチャンの神は、彼の息子であるイエスへの啓示を通して知られています。しかし、キリスト教の一神教には、複雑な概念である三位一体が含まれているため、特異性があります。三位一体の教義は、真の神はただ一人であるが、彼の神性は父、子、聖霊の3つの現実を提示していると主張しています。

イスラム教

イスラームはアッラーと呼ばれる至高の神を信じており、彼は単一の神であると同時に、宇宙全体の創造主でもあります。このように、創造主と彼によって創造されたものとの間には区別があるので、創造主は永遠です。

イスラム教徒にとって、神は世界を支える者であり、神に匹敵する者は誰もいません。それは、人の間で悪を罰し、善に報いる正義の神についてです。そして、キリスト教やユダヤ教のように、イスラム教は人間の形から始めて神を描写することに反対しています。

写真:iStock-camaralenta / saiyood