動力計の定義

動力計は、力、特にいわゆる力の重みを測定できるデバイスです。この機器を使用して、物体が地球に引き付けられる力、つまりそのような物体の重量を計算することができます。

その操作の基本的な考え方

動力計の中にはシリンダーがあり、その中には目盛り付きのステムがあります。装置の端には、計量対象物を吊るすフックがあります。オブジェクトがぶら下がると、ステムは特定の位置で停止し、マークの値はオブジェクトが及ぼす正確な力を示します。

一定の力のある物体を水中に降ろすと、結果として生じる力は小さくなります。これは、オブジェクトの水中での重量が少ないことを意味するのではなく、オブジェクトの重量が別の力、つまり水によってオブジェクトに加えられる押し力によって補正されていることを意味します(この場合、ダイナモメーターは物体の力-重量と水の押し付け力)。

フックの法則と力の概念

動力計の操作は、いわゆるフックの法則に基づいています。この法則によれば、特定の弾性を持つ材料の伸びは、それに加えられる力に直接関係しています。

フックの法則は、後の動力計の発明の物理的原理として機能しました。その発明者は偉大な英国の科学者アイザックニュートンでした。力の概念はニュートンで正確に測定されることを覚えておく価値があります。

力の概念は、オブジェクトが加速する可能性を指します。オブジェクトの加速度は、その速度とは別の問題です。したがって、速度はオブジェクトの速度を決定し、単位時間あたりの距離の単位で測定されます(メートル/秒やキロメートル/時など)。代わりに、加速度は時間の経過に伴う速度の変化の変化であり、単位時間あたりの速度の単位で測定されます。したがって、オブジェクトを加速、ブレーキ、または方向転換させるものはすべて力です。

メカニックが広く使用しているデバイス

動力計の測定は、自動車、オートバイ、およびすべてのタイプの輸送に適用できます。このツールは、エンジンの出力と力を測定するために使用されます。

動力計に追加のセンサーが組み込まれている場合は、燃料混合物、周囲温度、エンジン温度などの他の要因を測定することができます。これらすべての測定により、車両の状態を診断することができます。

写真:Fotolia-9kwan / Rassco