社会統制の定義

社会統制とは、個人の秩序を維持し、組織化され管理された生活水準の開発を可能にするために、社会によって明示的または暗黙的に確立されたさまざまな種類の規則や規制のグループを指します。社会的統制は、公式および非公式の慣行、社会的に受け入れられている規制、および同じ個人の彼自身への強制の両方を通じて、さまざまな方法で存在する可能性があります。

社会統制は、組織化された矛盾のないライフスタイルの生成に寄与するいくつかの基本的な規制が尊重されるように、正式に受け入れられた秩序の中で社会集団を維持することを目的としています。この意味で、社会統制の考え方に関して最も明確に見える規制は、社会のすべてのメンバーが同じように遵守しなければならない法律、法令、および正式な規制を通じて表現されているものです。これらの措置は、明確に確立されているため、社会全体で作成され、受け入れられています。明示的な社会統制は、政治的利益や社会のさまざまなグループの政治的表現の取り消しにも関連している可能性がありますが、そのような状況は、特定の場合には暗黙の枠組み内に入る可能性があります。

しかし、社会的統制は、明示的にする必要がなく、時には公式の方法よりもはるかに強力な非公式の方法によっても行使されます。ここでは、宗教、社会的階層、メディアとプロパガンダ、道徳的規範などによって行使される社会的統制について言及する必要があります。この一連の非公式の社会統制規範はすべて、個人に自発的に社会的に承認された行動の獲得を生み出すことを目指しています。多くの場合、これらの暗黙の社会統制の規範は、特に宣伝や特定の広告メッセージの力に関しては、完全に倫理的ではない場合があります。

最後に、社会的統制も同じ個人から行使され、家族や宗教などの制度が特別な重みを持っているのはここです。これらの自主的な社会統制の規範は、特定の態度や思考の検閲と強く関係しており、極端な場合には、過度に抑圧的で自己検閲的な性格の発達をもたらす可能性があります。