科学心理学の定義

心理学はポスト人間は知識のこのブランチは彼らの行動に関連して、人間に基づいて異なる方法論を反映していることであるために非常に重要な研究の科学です。科学心理学は、哲学などの他のより投機的な知識に対抗して実験科学が持つ客観性をこの知識の分野に与えることを目的としています。

科学心理学は物事の理由を解決することに焦点を当てています

心理学の科学は、一貫した方法で心と体が相互作用するため、精神的な面と物理的な領域との間に一定の接続を目指しています。科学心理学は、物事の理由を分析します。つまり、因果関係によって特徴付けられる最も純粋な科学的スタイルで原因を調査します。科学心理学は、精神過程の実証的調査の進歩に大きな重みを持っています。

科学心理学の起源

科学心理学の歴史における参考資料は、最初の科学心理学研究所を創設したヴィルヘルムヴントです。これは、この研究者が実施して以来、科学の重要なターニングポイントを表す作業環境であり、事実の観察と推論、分析、研究、および人間をよりよく理解することを目的としています。

Wuntは構造主義の父と見なされています。科学心理学は、その科学的方法によって、真実と進歩の最高の基準としてそれ自体を定義しています。バックグラウンドで投機的な反射が考慮されます。それが実験心理学とも一致する点であり、それはまた、真実の参照として科学の力を評価します。

Wuntは、彼の勤勉さと絶え間ない努力のおかげで、彼の知識を心理学の歴史にもたらします。この科学者は意識的なプロセスを研究し、それを即時の経験と見なします。科学心理学は、測定可能で定量化可能なデータを提供できる科学であるため、客観性のすべての価値を何よりも重視しているため、科学です。

交差して通信する外部要素と内部要素

人間の複雑さは、観察することができ、精神と意志の内部の意図を反映している外部の行動によって特徴づけられます。内部と外部の間の接続は一定です。一方、言語は、他の人間をよりよく知るための非常に前向きなツールでもあります。

科学心理学者は誰でも、実験科学者と同じ方法論で人間の行動にアプローチします。