講堂の定義

講堂は様々な活動の場です。演劇、ダンスパフォーマンス、楽曲、独白などの芸術的表現を考えるために、一般の人々がこの場所にやって来ます。

同様に、この会場は、会議、討論、政治集会など、知識が伝達されるすべての活動に向けることもできます。今日、ほとんどの講堂は多機能です。

建築設計における一般的な考慮事項

講堂を設計する建築家は、音響問題に対する効果的な技術的解決策を提供する必要があります。この意味で、部屋には、ノイズの集中、脈動するエコー、または共振などの欠陥があってはなりません。建築的には、エンクロージャーは音の反射の法則を尊重する必要があります。

聴衆の観点から、視覚的および聴覚的知覚が正しいことが必要です。

ステージは講堂の主要部分であり、残りの部屋はそれを中心に展開しています。専門用語では、ステージを構成するすべてのスペースはステージボックスと呼ばれます(ステージには、ステージとも呼ばれるステージ機械が関連付けられていることを考慮する必要があります)。

会場の収容人数は、スケジュールできる活動の種類を決定する問題です。

明らかに、このタイプのスペースには、あらゆる種類のセキュリティ対策、特に緊急事態が発生したときに一般市民を避難させることに関連する対策が組み込まれています。

歴史を通しての講堂の種類

ギリシャの古典劇場としても知られる円形劇場は、舞台、オーケストラの場所、スタンドの3つの部分で構成されています。

ローマ劇場は円形劇場の新しいバージョンです(舞台用の場所は半円に縮小されました)。

最初の中世の劇場は教会にあり、一般の人々がそれらすべてを巡回するいくつかの段階がありました。ルネッサンスの間に、講堂は古典的な段階のアプローチを回復しました。

アングロサクソンの世界では、エリザベス劇場が導入されました。これは、野外公演専用の木造建築です。

18世紀と19世紀に、劇場は新しい照明技術を取り入れました。現在、講堂は多目的スペースであり、風光明媚な世界だけに限定されていません。

写真:Fotolia-Media Whale / Logan81