感情の定義

情動はつまり人間は感情を生成するために持っていることを能力だけでなく、感度の感情へのプレゼント自身をその私たちは感情を呼び出します。

つまり、個人が感情に対して繰り返し自発的な傾向を示したり、出来事が悲しいときに泣き始めたり、何か良いことが起こったときに非常に幸せになったりするとき、それはまさに彼がこの開花能力を持っているからです皮膚の。

感情を生み出す人間の能力と感情に対する自然な感受性

一方、感情気分変化であり、強烈で、一時的で、心地よく、または痛みを伴います。これは通常、体性症状を伴って現れることがあります。

感情とその決定要因は何ですか

感情は常に、他の人との関係、私たちや私たちの環境に起こることや出来事など、何らかの外部刺激に対する私たちの体の反応であり、これらすべてが私たちの側で感情的な反応を引き起こします。

しかし、人々の性格や性格、そして彼らが属する文化が育ち、発展し、たとえば彼らに影響を与えたことが、感情、一般的に誰かが抱く感情に直接かつ顕著な影響を与えることを無視することはできません。表現された。

したがって、怒っている人は、起こった悪い問題に直面して強い感情を表現します。

そして、感情の表現を制限することを特徴とする文化に属する人々は、必然的に、感情の表現を制限することを特徴とする人々は、その中で発達する人々がこの意味で制限を持っていることを生み出します。

感情は、環境要求のさまざまな変化に関して効果的な適応モードを示す心理生理学的現象です。

厳密に心理的なレベルでは、感情は注意を変え、問題の個人の反応の階層における特定の行動のランクを上げます。

そして生理学に関しては、感情は、顔の表情、声、筋肉、内分泌系など、体のさまざまなシステムで反応を引き起こします。

次に、表現要素が感情に介入し、運動行動、顔のジェスチャー、言葉による表現を引き起こします。それぞれの精神状態は行動の現れに対応します。

感情の身体的症状

顔の表情は、生きた感情的な経験の質と強さの明確なアイデアを私たちに与えます。心地よいまたは不快なあらゆる種類の感情が発生すると、神経伝達物質は中枢神経系から顔の筋肉に電気刺激を送り、人間の間で非常に重要なコミュニケーション価値を持つステレオタイプの反応に道を譲ります。

たとえば、私たちが喜びを感じると、すぐに唇の角が斜めに引っ込められ、頬が高くなります。一方、私たちに侵入するものが怒りである場合、私たちの眉はしわが寄り、眉は下がります、唇や歯を食いしばって狭くします。

そしてまた、感情は私たちを行動に移すか、それを怠っていくつかの行動を撤回するでしょう。ですから、私たちが喜びを感じるとき、私たちは活動をしたいというより多くの欲求を持ち、悲しみは動きの麻痺を意味します。

誰かがいる個人的な状況に応じて、感情が悪化したり、通常は個人に生じる効果を生み出さなかったりする可能性があることに注意してください。つまり、誰かが人生で経験する瞬間が条件付けられる可能性があります。あなたが自然に持っている感情へのその傾向を制限または増加させます。

感情と感情、社会

一方、感情と感情は密接に関連しています。

感情はより激しくなり、感情は長持ちします...

一方、それらが異なる強さと持続時間について述べたこれを超えて、感情と感情が一致するのは、一方が肯定的である場合、他方も同様であり、逆もまた同様であるということです。

最も前向きで楽しい感情の中で、私たちは幸福に言及しなければなりません。幸福は、最も関連性があり、すべての人間が熱望するものの1つです。

幸福は、良いたよりを受け取ること、目標を達成すること、愛する人の喜びを見ることなどに現れます。

そして、目の前の歩道からは、不幸と悲しみの表現を生み出す不幸に気づきます。