要素の定義

与えられた用途に応じて、要素という言葉はさまざまな問題を指します。要素は、体の構成の一部である化学的または物理的原理です。古代哲学、特にギリシャ人は、空気、水、土、火の4つの要素の存在を提案しました。これらは、体の構成の基本的かつ即時の原則であると考えられていました。その一部として、中国の文化はこれら4つに要素を追加し、ギリシャ人によって提案されたものの1つ、水、土、火、木、金属を修正し、絶え間ない相互作用の一種のエネルギーとしてそれらを考えています。

一方、要素は何かの不可欠な部分であり、構造を構成する部分(キーボードはコンピューターの不可欠な要素です)または人間のグループのコンポーネント(警察の人間の要素はそれが基本的です)ケースを明確にすることになります)

同様に、要素という言葉は、共同行動の開発の要請に応じて、必要に応じて否定的または肯定的に評価される個人を説明するために使用されます。たとえば、ローラは会社の発展の基本的な要素であることが判明しました。

また、化学の要請により、元素という用語が見つかりました。これは、化学反応によって単純なものに分解できない物質を指します。

一方、この用語は、手段とリソースの同義語としてよく使用されます。