産業社会学-定義、概念、そしてそれが何であるか

労働の文脈は、歴史を通して絶え間ない進化の過程にありました。間違いなく、産業革命は仕事を理解する方法のターニングポイントをマークし、会社は今日、農業や農村部門よりも先進社会でより多くの雇用を提供する構造を示しています。社会学はこれらの産業社会を研究しています。

この分野には二重の視点があり、一方では、会社が都市や町に与える影響を研究しています。しかし同時に、社会文化がどのように産業構造に影響を与えることができるかについても分析します。したがって、産業は、それが統合されている環境とそれが含まれている文化なしには理解できません。この分野は、先進国の近代化のルーツを掘り下げます。

会社の社会構造の分析

産業社会学はまた、燃え尽き症候群、コミュニケーションの問題、労働者のパフォーマンスの低下に直接影響を与える可能性のある人的資源管理の失敗などの紛争が発生する可能性がある労働環境のルーツを掘り下げ、したがって、それは生産性のレベルにも影響を与えます。

産業社会学はまた、企業が今日までどのように進化してきたかを分析します。哲学的な観点から、産業社会学に深い深みを持っている著者がいます:マルクスは、その結果として彼らの日常の機能の行使において労働者の疎外のための資本主義システムを最も批判した著者の一人でした。業績への圧力と人的要因への注意をめぐる経済的結果の探求(産業は人で構成されている)。

産業構造は、手作業に取って代わる絶え間ない技術の進歩のおかげで、機械で実行されるタスクの編成によって定義されます。

その他の考慮事項

したがって、どの企業でも重要な人間構造の観点から、産業社会学は、チーム内の友情の絆、上司の役割、および部下との関係を肯定的または否定的に条件付ける要因も分析します。労働者の権利の分析、労働協定、雇用契約、雇用条件は、産業社会学によって考慮される他のポイントです。産業社会学の適切な目的は、仕事の社会学によって行われた研究を補完するものです。

写真:iStock-Paolo Cipriani