礼儀の定義

それは、個人が現れ、彼女が彼に対して感じる他のケア、尊敬、愛情を示す行為への礼儀と呼ばれます。基本的に、それは個人間の対人関係の分野で通常存在するデモンストレーションであり、それに与えられる尊敬と配慮を示します。

夕食に誰かを迎え、私たちのすべてのホスピタリティを提供して、あなたが本当にくつろげるように、そしてそのような瞬間に良い気質、テーブルサービスの詳細、そして注意に関しては礼儀と見なすことができます。 :一方、反対の意味するものではあります軽蔑し、無礼で彼らと行動、それ以上に、彼らに注意を与え、自宅で誰かを受信していない失礼、正確に直接礼儀と対向している概念です。

また、礼儀という言葉は、商業ビジネス、レストラン、ホテルなど、一般の人々にサービスを提供する施設で頻繁に使用され、場所を選んだこと、重要な量を購入したことでクライアントを楽しませるためにクライアントに贈られる贈り物を示します他のオプションの中で、製品の

一方、ある状況で人に与えられる恵み時は、礼儀も呼ばれます。たとえば、午後に4人の同僚と合意した作業会議があり、それを指示する責任を正確に負っている人は、合意した時間に到着していません。通常、数分間の礼儀と締め切りが到来しなかった場合は、あなたがいなくても効力を発揮します。

印刷の分野では、礼儀という言葉への言及もあります。これは、本またはその一部に存在する、書かれていない、つまり空白で表示されるページと呼ばれるためです

また、植物学では、礼儀という言葉は、花を持ち、ムラサキ科として知られている、またはより一般的にワスレナグサとして知られている家族に属する植物属を指定しているため、参照を表します。前述のものは、低木、ハーブ、樹木を含む非常に重要な品種で構成されています。彼らは特に葉に存在する毛深いことで際立っています。