記念碑の定義

記念碑は、誰かやイベントを記念する方法として特別に建てられた建造物と見なされます。ただし、記念物は、その目的のために建てられていないにもかかわらず、社会にとって自然に重要性と意味を獲得する空間またはオブジェクトである可能性があります(これは天然記念物について話すときに特に一般的です)。一般的に、記念碑は儀式的な要素であることに加えて、独特の芸術的および歴史的な富を持っています。

古代から、人間は特定の人々や出来事を記念してさまざまな種類の記念碑を建ててきました。これらのモニュメントは、何世紀にもわたってサイズ、寸法、デザイン、素材、スタイルの点で変化してきました。他の時代には、壮大でほとんど超人的なサイズのモニュメント(エジプトのピラミッドなど)が建てられましたが、今日では、それらが表すものを尊重することを目的としたアクセシブルサイズの彫刻を作るのが通例です。

同時に、古代のモニュメントは、作者を知ることがほとんど不可能になったようなエンジニアリングとインフラストラクチャの作品でした。今日、モニュメントは主に特定の芸術家または上級マスターが率いる芸術家のグループによって作られています。

そのため、モニュメントは、将来の世代も楽しむことができるように、長期にわたって良好な状態を維持できるように特別な保護を備えている必要があります。そのため、多くの場所でこれが満たされておらず、深刻な劣化状態にありますが、国ごとに自然および人工のモニュメントの保存に関する独自の規制があります。

世界で最も重要なモニュメントの中には、エッフェル塔、ビッグベン、インドのタージマハル、ブラジルのコルコバードのキリスト像、エジプトのピラミッド、アルゼンチンのオベリスクなどがあります。