社会意識の定義

社会意識という用語は、特定の個人、グループ、または社会組織が、注意を必要とする周囲の現実を認識し、それらを熟考し、場合によってはそれらを変革するために行動する能力を指します。社会意識の概念は、今日、劣等感(経済的、イデオロギー的、民族的、性的レベルで表される劣等感)の人口グループの大幅な増加と、自分に代わるそれらの社会的現実の修正。

何かを意識するということは、十分な知識を持っているということです。言い換えれば、私たちの理由が私たちに現実を知ることを許すとき、私たちは私たちが意識していると言います。

心理学の観点から、個人の意識は彼の周りの世界を理解する彼の合理的な素因を表現しています。

社会意識

個人として、私たちは自分の周りで何が起こっているかを認識しており、その認識の程度は、まさに個人としての私たちの社会的認識の本質です。一方、社会自体が自律的な存在であり、その意味で地域社会にも一定の社会意識があります。このように、何らかの形ですべての人に影響を与える特定の問題が社会の中で認識されると、集合的な社会意識が生み出されます。

連帯とコミットメントの考えに非常に強く関連している社会意識は、コミュニティ内の特定の社会集団に及ぼされる自発的および非自発的差別の構造を変えるための第一歩です。

したがって、社会意識は、解決を必要とする社会に内在する問題を認識する可能性と関係があります。社会意識の概念は通常、貧困、疎外、排除の状況に住む人々の利益のために行動する必要性を指すために使用されますが、それはまた、雇用行動の構造やパターンを変えることの重要性を指すこともありますたとえば、環境への配慮、交通ルールの尊重など、社会全体に影響を及ぼします。

マルクス主義における社会意識

マルクス主義の哲学では、社会意識の概念が鍵となります。したがって、各社会集団には一定の意識レベルがあります。労働者は、自分たちを集団として認識するために階級意識を持っているか、そうすべきです。あなたが自分自身をクラスとして認識しなければ、あなたはあなたの現実を変えることは不可能です。

マルクスにとって、労働者の搾取は彼らの集合意識を目覚めさせるための基本的な要素です。それは理論的な反省ではなく、現実と社会モデルを変えるための第一歩です。

社会的認識と参加

人は社会に影響を与える問題(失業、貧困、搾取など)について多くの情報を持つことができます。しかし、現実を知ることはそれを変えるのに十分ではありません。このため、プロジェクトに積極的に参加することを決意する人もいます。変革的な社会意識を実践する方法は複数ありますが、それらはすべて積極的に参加します。参加の多くの例の中で、私たちは次のことを強調することができます:寄付金、連帯協力、NGOとのボランティアプロジェクトなど。

社会意識の敵

ほとんどの人は、自分の周りや世界の他の地域での不正に関して社会意識を持っていると言います。ただし、これらのタイプのステートメントは、自己欺瞞の形式または善意の単純な宣言である可能性が非常に高いです。

社会的意識は、その個人的または集団的側面において、一連の「強力な敵」を持っています:激しい競争力、個人主義、文化的優位性、グローバリゼーション、無責任なエネルギー消費など。

社会意識が個人または社会集団に現れることができる多くの方法があります

理論家は、最も賢明なことは、子供であるときから社会意識の存在を確保することであると主張していますが(非公式および公式の教育システムが不可欠である人に常に存在するように)、社会意識は各社会集団の瞬間的なニーズに応じて、人々の中で目覚め、時間の経過とともに獲得および/または拡大します。このように、特定の年齢の人々は、さまざまな問題に関する社会的意識の獲得について教育を受けていませんが、さまざまな種類の広告キャンペーンは、コミュニティの存在における特定の時間におけるその重要性を反映するためのスペースを生成するのに役立ちます。