通信媒体の定義

コミュニケーション媒体の概念は、人々が互いに連絡を取り合うことを可能にするそのシステムに適用可能です。

膨大な数の聴衆にメッセージを伝える人やメディアを伝えるシステム

一方で、ラジオ、テレビ、グラフィックプレス、インターネット、従来のメールなど、多くの人にメッセージを送信できるメディアを指定するためにも広く使用されています。

マスコミメディアの名前は、これらのメディアがメッセージで到達できる膨大な数の人々のために一般的に使用されています。

したがって、通信媒体の概念は、アイデアやメッセージを送信できるすべてのサポートを指定するためにも使用されます。

しかし、今日では、この概念は一般的に特定のメディア、より具体的には新聞や新聞、テレビ、ラジオ、インターネット、グラフィック出版物に関連しています。

機能:消費を知らせ、楽しませ、奨励する

全体として、これらのメディアは基本的に、自分たちの利益にとって非常に重要なさまざまな種類の情報を社会に伝達する機能を果たします。レクリエーションや娯楽のために、または消費するために、彼らの意見を形成します。

メディアに対するテクノロジーのプラスの影響:素晴らしい即時性

間違いなく、マスメディアとそれに絶えず到達する技術の進歩は、人類の現実を変えました。なぜなら、今日、戦争が生きているのを見たり、地球の反対側でこの瞬間に何が起こっているのかを正確に知ることができるからです。

真の革命。

さて、すべてが利点であるわけではなく、メディアがまったく高貴ではない方法論、つまり情報を操作し、グループやイデオロギーを支持する鋭い宣伝システムを実装することで彼らの力を感じさせることができることも無視できません、とりわけ。

歴史的に、メディアは非常に排他的なものであり、この種の情報を消費する可能性のある上位の社会階級のために常に予約されていました。

このため、公教育を通じて社会のリテラシーが拡大するのは19世紀になってからであることを忘れてはなりません。

したがって、20世紀と今日のメディアの成長に注目することは理解できます。

これは、技術の進歩だけでなく、特にこの情報を受け取るために利用できる人口の量が増加しているという事実によるものです。

メディアは、その名のとおり、最新のニュース、広告メッセージ、イデオロギー論争など、さまざまなアイデアが発信されるメディアです。

メディアは常に、ターゲットとするオーディエンスのタイプがアクセスできる必要がある言語またはコードでメッセージを送信しています。そのため、オーディエンスごとに異なる言語があります。

現在、最も消費されている2つのメディアは、間違いなくインターネットとテレビです。

これは、消費者の注意を容易に引き付ける多様な視聴覚リソースの使用を可能にするという事実と関係があります。

一方で、経済的にははるかにアクセスしやすいです。

最後に、インターネットの場合、メッセージが受信者に届く即時性、電子メールを送信して即座に受信できること、更新されたニュースを読むことができることなど、重要で重要な詳細も追加する必要があります。インターネットニュースサイトの最後の瞬間、またはそれが公開された瞬間に視聴覚資料を聞いたり入手したりできること。

今日のメディアは、国民の思考を形作ることに大きな責任を負っているため、非常に重要な役割を果たしています。多くのメディア(政治的、経済的、文化的利益の産物)が視聴者に間違った、または関心のあるメッセージを送信する可能性があるため、ゲームは非常にデリケートです。それはそれについて批判的になることに慣れていません。

一方、一部のメディアが今日経験しているその絶え間ない進化は、少し前のインターネットの出現と厳密に関連しています。

インターネットは通信と情報へのアクセスのモードを大幅に変えました。今日、すべてがより速く、瞬時に行われ、関連しています。たとえば、技術デバイスでは、スマートフォン、タブレット、またはインターネットにアクセスできるコンピューター、テレビチャンネルを見たり、ラジオを聴いたりすることができます。

もちろん、このような劇的な変化が続いているため、テレビ、ラジオ、マスコミなどの従来のメディアは新しい時代に適応し、提案に新しいテクノロジーを追加する必要があります。