数量詞の定義

論理学、数学、集合論の要求に応じて、数量詞は、特定のセットを構成し、特定のプロパティを満たす要素の数またはタイプを示すことができるように、前述のコンテキストで使用される記号です

論理と数学:セットを構成する要素の数を示す記号

さまざまな数量詞を見つけることができますが、最もよく使用されるのは、全称記号と存在記号です。

全称記号と存在記号

次のように記号化される全称記号:∀は、セットのすべての要素が特定のプロパティに準拠していることを確立するという使命を持って使用されます。

その一部として、存在記号は、特定のプロパティを満たす問題のセットに1つ以上の要素があることを示すために使用されます。

この単語は、別の概念である数量化の概念と密接に関連していることに注意してください。これは、量述べるアクションを意味します。

定量的:平均化するのにもっともらしいもの、カウント

したがって、このことから、両方の概念は、数値からの大きさの表示によって暗示される量にリンクされているということになります。

正確に定量的に言えば、それは量、測定または定量化、カウントされるのにもっともらしいものを指します。

一般に、調査、つまりほとんどの場合、確かな統計を決定するという使命を持って測定できるデータを考慮する分析は、この定量的な意味で機能します。

正確かつ確実に勝つ

たとえば、上記の正確な自然科学の分野で見たように、定量化は、結論を出す際の精度と、これに基づいて、法則、普遍的な理論を定式化できることによって生成される信頼性のために非常に使用されます。

分析の対象となるデータを整理するために、対応する科学的研究を実際に実行する前に、何かの定量分析を実行することも可能です。この方法は、知識と確実性を獲得するため、強くお勧めします。作業の終わり、事実上変数をリンクし、作業仮説を提案し、最終的に結論に達することができます。

しかし、この手順は消費者の好みや興味を決定するため、または選挙前の選挙決定の問題で近い数に到達するために使用されるため、量的行動を社会的平面に拡張する必要もあります。

一方、定性分析もよく知られ、使用されていますが、それは、もちろん、この場合、結論は定量的方法のように妥当性の合計を持っていませんが、主題の位置を取るか、評価を設定することから成ります。

日常生活での一般的な使用、私たちは常に何かを定量化する必要があります...

何かが定量化されるときはいつでも、問題の状況は数字に入れられます。これは、この状況が持つ可能性のある規模または範囲を知ることを可能にするという事実です。

したがって、例えば、チェーンカーの事故で死者10人、負傷者20人と言われると、犠牲者が正確に数人いたため、非常に重要で影響の大きい事故であったことがわかります。

定量化は、私たちの日常生活だけでなく、このレビューですでに扱った科学や社会の分野でも非常に存在する活動であり、特定のイベントの範囲を知ることができるだけでなく、私たちが求めることもできます何かを取得しすぎたり、失敗したりしないように、ある程度の量の何かが不足していると、そのタスクや計画されたアクションを実行できなくなります。

そのため、私たちは日常生活のさまざまなものや要素を常に定量化しています。問題、ニーズ、タスクなどです。それは、の分野でコメントした正式な説明を超えて、確かに国内的で一般的な用語に戻ります。論理学と数学。