異端者の定義

私たちが異端という言葉に帰する最も一般的な使用法は、正統性、または特定の社会的文脈や宗教が提案するものにおいて絶対的で疑う余地がないと見なされるすべてのアイデアと対照的な意見を提案または保持する人を指定することです。

宗教の特定のケースでは、実際的な方法で特定の宗教に属しているにもかかわらず、ある側面でそれを疑問視する個人は、批判を表明するか、それが提案するいくつかの教訓を疑問視することによって、異端者と呼ばれます。

人が社会集団の一員であるか、特定の宗教的信念を公言する場合、そのメンバーシップの基本条件として、彼らが保持するすべてのアイデア、教義、または信念を尊重することを約束する必要があります。その間、これが起こらないとき、すなわち、人がいくつかの仮定に反する方法で意見を述べるとき、彼はその状況の異端者として識別されます。

現在、幸いにも大部分が追放されている慣行ですが、過去には、異なる宗教的、社会的、または政治的考えを公言した人々が残酷に迫害されることが非常に一般的であることが判明しました。さらに、実行されたこれらの迫害は通常暴力的であり、提案された命令に反することを示した人または人々の殺害で終わる可能性さえありました。最も軽度の場合、その人は破門されましたが、最も有毒な場合、多くの場合、彼らは拷問されて死にました。

キリスト教では、一例を挙げると、カトリック教会の教義に反対する勇気を持った人々が迫害され殺されることは確かに一般的でした。

異端と見なされるカトリック教会の歴史の中で最も悪名高い事例の1つは、16世紀にキリスト教グループがその教義の多くを公然と批判した後にカトリック教会から分離したプロテスタントの事例でした。

また、人が絶対に無礼で大胆な行動をとることを表現したい場合には、この言葉をかなり口語的に使用します。この子は異端者であり、そのように両親を侮辱することはできません