歌の定義

という言葉は、その用途に応じて、さまざまな問題や状況を指すことがあります。

声による音の放出と楽曲の追跡

最も普及している用途は、歌うことは、音楽作品に続く、発話装置、音声からの音制御された放出であると言うものです。歌うことは、テキストを音楽に統合することができる唯一の音楽媒体であるため、音楽の中で重要な役割を果たします。

解釈される音楽スタイルに応じて適用されるさまざまな歌唱技術があります。たとえば、オペラは叙情的な歌の技法を使用しますが、人気のある歌は話し声に似た音を実現することを目的としています。

プロの歌手のキャリア、つまりオペラやコンサートで歌うことは、音楽院で勉強しなければならず、5年間続きますが、入学試験を受けて音声診断を受けることが不可欠です。

生来の才能の重要性

さて、歌手が解釈の問題で自分自身を完成させることを確実に可能にするプロとしてのキャリアを超えて、歌う才能は生まれつきの、自然なものであると言わなければなりません。その意味で才能のない人は、勉強を通して技術を学び、洗練を成し遂げることができますが、声の流れは生まれつきの問題であり、勉強するだけでは才能を発揮することは非常に困難です。

独特で絶対に自然な音量の所有者であるホイットニー・ヒューストンのような歌手を考えて聞くとき、彼は先ほど述べたこれを理解します。ヒューストンは彼女の歌の解釈方法を完成させたでしょうが、声の音量と色、そしてチューニングは彼女と一緒に生まれ、どんな歌のキャリアでも学ばれていないことは間違いありません。これは間違いなくそうです。

クラシック音楽では、歌手は次のカテゴリに分類されます:男性の声(ソプラノ、テノール、バリトン)、女性の声(ソプラノ、メゾソプラノ、アルト)。

一方、ポピュラー音楽では、ヨーロッパでポピュラー歌唱の専門学校を設立する上での障害にはなりませんでしたが、実際の経験を通じて何よりも歌手が形成されます。

昆虫や鳥が発する音

また、歌は、昆虫や鳥が羽や鞘翅などの体の特定の部分を振動させることによって発するストリンジェントサウンドと呼ばれます。蝉の歌。

間違いなく、この歌は多くの鳥の非常に特徴的でユニークな特徴であることがわかりました。

正式には、この能力は発声と呼ばれ、鳥が発する声の音で構成され、歌や鳴き声があります。この歌は私たちの耳にメロディアスであることが特徴であり、それが多くの人々が鳥の歌を聞くのが好きな理由です。特にこれらの種が優勢でこの能力を誇示している田舎の状況ではそうです。

鳥のさえずりは長く、求愛や交尾などの行動に関連しています。

この歌は、以前の鳴き声よりも短く、警報を発し、群れを団結させ、種の代表者間のコミュニケーションを生み出す機能を備えた、鳥の他の一般的な発声と区別する必要があります。

一般に鳴き鳥として知られ、世界の鳥種の半分以上を網羅するスズメ目の鳥の順序は、歌う能力が最も発達しているものです。

文学:詩的な作文

詩的な作曲、特にテーマが高く荘厳な口調の作曲は歌として指定されます。