社会言語学の定義

社会の研究は、さまざまな観点から行うことができます。考えられる視点の1つは、コミュニケーションの不可欠な手段としての社会的視点から言語の使用を分析する社会言語学の視点です。

社会言語学、表現の形式と文脈、および影響因子

言語は、人間の観点から、言葉だけでなく非言語的コミュニケーションを通じてもコミュニケーションをとるという点で不可欠です。

社会言語学はの要因研究言語をして、このような経済水準などの社会的要因の他の種類とそれらを明らかにし、人が占有していることを社会的地位、性別、人の教育レベル、ご両親から受信した値を、あなたのステータス、あなたの職業..。

この観点から、社会言語学はまた、言語には特定のバリエーションがあるため、その人が統合されている特定の環境を分析することによって、人間のコミュニケーションの平面を分析します。

環境と人への影響

このように、言語は抽象的な要素ではなく、人の生活のさまざまな領域での因果関係によって直接的な影響を与えることが考慮されています。この分野には、理論的なバージョンと実際的な部分の両方があります。社会言語学の研究では、本人だけなく、人が住む外部環境も研究されます。

人生における言語の重要性

言語の使用は人間に非常に固有であるため、社会言語学は、言語の研究に焦点を当てた科学として、人間についての追加の知識も提供します。言語に対する社会の影響は非常に高いです。この影響力とは、各言語を参照する文化的規範、期待、および話者が絶えず相互作用する文脈を指します。

対象の起源も影響要因として考慮されます。たとえば、人が非常に小さな町で生まれるのと、人が大都市で生まれるのは同じではありません。影響を与える可能性のある別の要因は、その人の宗教です。このように、話者のコミュニケーション習慣は、彼らがいる特定の環境に統合された人間として分析されます。