信頼の定義

何かがそのような方法である、または誰かがこのようにまたはそのように行動することを信じる。-自信とは、状況が特定の方法である、または人が行動すること信じて確信していることを前提とする生き物のです。特定の方法の形式。自信は、特定の結果または結果が特定の状況で達成されるという信念を意味するため、他の人と同じように自分自身の安全を前提としています。信頼は、まだ起こっておらず、経験的な確実性がない将来の行動に目を向ける感情に関連しています。

動物と人間で観察された信頼

動物の場合、信頼は意識的なものではなく、本能的なものとして現れますが、人間の場合、信頼は、個人ごとに異なる要素、経験、または状況の存在から意識的かつ自発的に生成できます。信頼にはいくらかの努力と努力が伴います。人間はそれを認識しているので、持続することが起こるという安全な状況に身を置く必要があります。

私たちは誰を信頼しますか?

一般的に、私たちは優しさ、適性、忠誠心を示す人や人を信頼する傾向があるため、このように自分自身を示さない人や人を信頼することはありません。

一方、私たちが開発するこの信念は、通常、以前のイベントを生成する仮定に基づいています。つまり、以前に発生したイベントで、たとえば、その人が正しくて前向きなパフォーマンスを示した場合、将来的にそうします。将来。

白紙委任信託に注意してください

さて、特定の出来事や人々は私たちに自信を生み出しますが、この意味で決してリラックスしてはならないことを強調することが重要です。何か、誰か、そして自分自身への自信過剰は失望につながることがあるからです。

ある活動をするときに自分自身に信頼を置くこともあるので、きちんと準備ができておらず、勝者のように感じますが、突然、準備ができて準備ができてしまった人が私たちを追い越してしまいます。この時点で、私たちは絶対に注意しなければなりません。私たちができることを信頼することは非常に良いことですが、私たちは常に警戒し、それらが私たちに起こらないように準備する必要があります。

他の人にも同じことが起こり、友人、家族、同僚などを信頼していることがあり、突然、その人は私たちを大いに傷つけることをして私たちを失望させます。この状況は一般に信頼の乱用として知られており、それが発生することは非常に一般的であると言わなければならないので、常に警戒し、絶対に確信が持てない限り、誰にも空白のチェックをしないでください。

信頼の概念は、社会学的な用語だけでなく、個人的な用語でも使用できます。

これは、信頼が各個人にさまざまな方法で現れる可能性があるためです。個人が自分自身について持つことができる高いレベルの自信の存在は、自分自身に自信がなく、自分の能力を疑う人よりも、その人が自分の目標を達成するのを容易にします。個人に対する適切なレベルの信頼の発達は、生きた経験、子育ての状況、性格、彼を取り巻く環境などの重要な数の現象と明確に関連しています。

しかし、信頼という用語は、人間が自分自身だけでなく他人にも確立することの美徳であり、対人関係の扱いに非常に精通していることを意味するため、社会レベルでも適用されます。したがって、同僚や仲間への信頼は、適切なレベルの共存を発展させるための基本的かつ最も重要な要素の1つです。

親密さと親しみやすさ

一方、信頼という言葉は、他の人との親しみやすさの同義語として、私たちの言語でよく使用されます。人々の間に深い友好的な絆があるとき、それはお互いの信頼をあふれさせる傾向があり、親密な家庭的な瞬間を共有したり、公開されない特定の状況を公開したりすることに関してはかゆみはありません。

写真2、3:iStock-webphotographeer / Planet Flem