社会教育の定義

社会教育は、教育の要請に応じて、教育のサブディシプリンであり、あらゆる側面とレベルでの学生の成長を保証するという使命を持って、それを取り巻くさまざまなソーシャルネットワークへの学生の取り込みを促進することのみを扱います。教育への願望だけでなく、彼らの成長に直接影響を与える他の問題の中でも、専門家、将来、そして社会参加などの問題もあります。

学生の発達と社会的挿入を保証するためにソーシャルネットワークへの学生の組み込みを促進する規律

社会教育の形で社会福祉を促進し、一般の人々の品質、特にシステムのうち左側のものを疎外の問題を解決を改善するために、戦略と教育内容から開催される社会的な介入

権利を行使し、疎外を避ける

社会教育がその行動で提案するのは、一方ではそのような疎外の問題を防ぎ、他方ではすべての個人が彼らの権利を確実に果たすことを保証することであり、要するにその目的は社会化プロセス最適化することです。

個人をさまざまなソーシャルネットワークに組み込むことで、社会性の発達が促進され、社会的循環が可能になります。一方、この社会的・文化的振興と相まって、異なる文化財を取得する可能性は完全に開かれたままであり、もちろん、関心のある人々の視野を広げるでしょう。

特徴

社会教育に関係する機能には、次のものがあります。不適応または疎外の状況にある個人またはグループを検出するコンテキスト、行動、および態度の観察。これらの同じ主題に連絡し、彼らの生活、問題、人間関係についての情報を収集して、それぞれの場合にどの戦略が最善であるかを知る。参加を奨励し、明らかに関係者の生活の質の向上をもたらす教育戦略の計画。被験者へのアクセスを容易にするために、必要に応じて、被験者と社会、学校、または労働機関との間を仲介します。

社会教育は、成人教育、専門社会教育、社会文化アニメーション、ノンフォーマル教育、環境教育、高齢者への介入、薬物依存症への介入など、介入する幅広い分野をカバーしていることに注意する必要があります。。

教育は未来への大きな扉です

私たちがよく知っているように、教育へのアクセスは、いずれにせよ、より良い未来を楽しむことができるように促進し、貢献します。個人的にも職業的にも、準備を楽しんでいる人は誰でも、より良い労働条件を求めて競争することができます。アクションのフィールド。

教育は間違いなくすべての人々の生活の質を向上させます。場合によっては、常に社会がそれを開発し、改善し、さまざまな観点から研究して自分自身を向上させることに忙しかったのです。

また、人間が限界を克服するために作った最も重要な人間の創造物の1つであるとも言わなければなりません。

教育がなければ、発展や進歩はあり得ません。それは具体的な現実であり、決まり文句のように聞こえるかもしれませんが、そのようなものです。

伝統的に、教育は教育機関や学校での正式な学習プロセスに関連付けられていますが、教育プロセスはそれだけではなく、人が生まれるとすぐに始まり、そこから彼らが占める他の側面や教えが含まれています親とその最も近い環境。

また、指示対象が私たちにもたらす教育、一般的な教育、たとえば通りで学ばれる教育についても言及する必要があります。

一方、他の人々と一緒に暮らすことは私たちに教育を提供し、ノンフォーマル教育を提供する場所に通うことは言うまでもありません。これらすべての俳優は私たちを訓練し、人の個人的および社会的形成に貢献します。

教育について話すときに無視できないもう1つの側面は、何年も前であり、さまざまなレベルと意味で新しいパラダイムをもたらした約19世紀まで、教育は少数の特権社会のクラスが享受していた特権でした。彼らがエリート学校で勉強できるように、教師にお金を払ったり、子供たちを旅行させたりすることができます。

しかし、産業革命後、これは漸進的に変化し始め、幸いなことに、教育は人種、階級、性別、年齢などを区別することなく、すべての人にとって正しいものになりました。