緯度の定義

緯度は、地表上の点から赤道までの距離であり、子午線の度数でカウントされます。これは0°から90°の間の度で測定され、座標がどの半球に属するかを示すか、それができない場合は、北になると正、南になると負の値を追加するという2つの方法で表すことができます。

次に、地理座標、緯度、経度は、最終的に地球の表面内の場所を見つけることを可能にするものです。緯線と子午線は、この場所を支援および促進する目的で地球の表面に描かれる架空の線または目に見えない線です。これらから、必要な場所を見つけることができる座標と交差点が生じます。

平行な0°は赤道であり、それによって緯度を決定できます。配置するポイントが赤道より上にある場合は北緯を示し、下にある場合は南緯を示します。

この座標の位置は、特に、失われた船を見つけたり、公海で何らかの複雑な問題に没頭したりする必要がある場合に、航海の要請に不可欠であることがわかります。

一方、赤道は、地球の自転軸に垂直に引かれた、存在しない架空の線であり、北半球と南半球の2つの等しい部分に分割されます。一方、緯線は赤道と同じ方向に引かれた水平線であり、赤道からの距離に応じて度が割り当てられると、緯度座標になります。

さらに、緯度は各地域の気候の決定に直接影響を与える問題です。赤道と熱帯の間では、赤道から離れて北極と南極に近づくにつれて、気候はほとんど暖かく、寒くなります。

一方、天文学の要求に応じて、緯度は、黄道から天球で考慮される任意の点までの、極の1つに向かう距離(度単位でカウント)になります。

また、国または地域の拡張全体に対する緯度の用語で指定されます。