経済主体の定義

経済主体がある会社であること、それが単位として、資源の所有権を前提としているに関して整理経済活動です。

会社、州、家族の場合のように、その活動を通じて収入を生み出し、それを消費する責任がある経済組織

言い換えれば、経済主体は、サービスまたは製品の販売を通じて収入を生み出すことに専念する組織です

経済主体は、市場経済の要請に積極的に参加しているため、対応する経済に明らかに影響を与える決定を下します。

市場を構成する経済主体または事業体は、同時に資源を生産および消費し、常に可能な限りコストを削減し、得られる利益を最大化しようとします。

企業は常に供給と需要の法則に従います。価格が高くなると供給が増加し、需要が減少する傾向があり、価格が下がると需要が増加して供給が減少します。

企業は、所有者や事業とは異なる事業体と見なす必要があります。したがって、企業は、企業に与える影響ではなく、企業に与える影響を考慮して登録する必要があります。

しかし、会社は卓越した経済主体ですが、州と家族の2つがあることを警告する必要があります。

国家は、その介入と決定、特に過度の国家統制が存在するものが明らかに他の経済主体の行動に影響を与えるため、経済の流動性に大きな関連性があります。

他の行動の中で、それは債務を引き受ける、それを売る、金利を下げるか上げることができます、それはそれをいくつかのインフラストラクチャー作業に割り当てるために公共支出を増やすことができます、しかしこの事実は意識的に行われなければ常に赤字の増加をもたらします社会の購買力が低下することを考えると、どの社会にとっても複雑なシナリオであるインフレの到来...

歴史的に、国家の役割はどうあるべきかが議論されてきました。多くの人がその規制は強力であるべきだと主張し、他の人はそれを最小限に抑えて市場にそれ自体を規制させるべきだと主張しています。

また、家族は、食料、健康、教育などの基本的なニーズを満たすことを使命として、商品やサービスを絶えず消費しているため、経済的実体と見なされています。 -基本的な消費であり、彼らの幸福と家庭生活を改善することを意図しているものは、とりわけ、肘掛け椅子、食器洗い機の購入の場合である。

したがって、経済主体は、問題の市場への参加から利益を得るという使命を持っている人間的、技術的、および物質的な要素で構成されているため、経済社会的単位として解釈されます。

世界中で、経済活動は、人的資源、天然資源、および資本の組み合わせを構成する識別可能なエンティティによって実行されます。これらのエンティティは、常に目的の達成を目的とする意思決定機関によって調整されます。エンティティの目的。

会計は、特定の経済的目的を持ち、他の事業体から独立している事業体の特定に関係していることに注意する必要があります。

一方、エンティティを識別するために、2つの異なる基準が使用されます。一方では、独自の構造と操作で社会的ニーズを満たすことを目的とした一連の基準が使用されます。

そして別の部分は、特定の目的の達成に関連する一連の独立した決定であり、これは社会的ニーズの満足と同じです。

上記から、事業の人格は株主または所有者の人格から独立していることは明らかであり、したがって、その財務諸表には、独立した経済主体の資産、有価証券、義務および権利のみを含める必要があります。

エンティティは、自然人、法人、またはそれができない場合は、それらのいくつかの組み合わせである可能性があります。