医療倫理とは»定義と概念

医療倫理とは、医療の活動を規制する倫理原則を推進することを扱う倫理の分野であり、医療専門家の正しいパフォーマンスが、彼らが治療する患者に関して常に優勢になるようにします。

医療専門家の間で原則と価値観を促進する倫理の分野:患者の治療における尊敬と良心

言い換えれば、特定の場合に何をすべきか、何をすべきでないかを明らかにする必要があります。

この倫理の分野の重要性は、特に、技術の進歩と科学的発見が行われている今日のような状況で医療活動を規制する必要性から生じ、したがって、行動の新しい可能性を開きます。

つまり、このシナリオはさまざまな提案から病気を治療する可能性をもたらしましたが、もちろん、それらを使用することが常に適用されるわけではなく、状況を注文し、患者にそうすることを保証するために医療倫理が介入しなければならないのはこの時点です敬意と良心をもって扱われます。

医療倫理は、善意、非悪意、正義、自律という4つの基本原則に基づいて医療行為を判断します。したがって、医師と健康の文脈に介入するすべての関係者の行動は、自分自身によって導かれなければなりません。

倫理を扱っていること規律ある道徳的の研究とそのアプローチからは表示しますどのような人々の予想される動作します。このまたはその社会をアップ

のことに留意すべき道徳倫理のそれと手をつないで行く概念であり、それは意味規制措置や行動のセットをし、善と悪に代表される、そしてそれは、彼らがされた社会の行動をガイドします彼らは課します。

基本的に、倫理が行うことは、最も価値があり、立派な行動と行動であり、完全に反対側に位置するものを確立することです。

次に、それらが特定されると、それらは規制され、したがって、何が良いか、悪いか、公正か、不公平か、そして最終的には倫理的に望ましいものとそうでないものについて確立され、社会的に合意されます。

たとえば、倫理は、人間が開発するほとんどの職業や活動に存在し、もちろん医学においても、古代以来最も注目に値する重要な分野の1つであり、重要な場所を提示することに失敗することはありませんでした。

医療倫理または医療デントロジーは、それがまた呼ばれるように、医療専門家の仕事を刺激し、また導く一連の規範と原則をグループ化します。

個々の専門家によって適用されるモダリティを超えて、医療倫理が提案する原則は、医師によって遵守され、尊重されなければなりません。

世界のすべての医療機関の基本的な使命は、デントロジーを促進および発展させることであり、また、この点に関して将来の専門家および開業医を教える倫理の仕事の原則を仮定することです。

もちろん、これらの違反は罰を引き起こします。

重要な原則:恩恵、自律、正義、非悪意

最も顕著な原則の中には次のものがあります:慈善(それは常に他人の利益のために行動し、偏見を脇に置き、他人の権利を優先させることを意味します。患者が薬を知らないとき、医師は最善の方法で行動する義務があります善を提供する)、自律性(規則を課し、外部からの圧力に陥らない能力)、正義(さまざまな条件による差別なしにすべての人を治療する、つまり、すべての患者が同じ治療を受ける必要がある)、および非悪意(他者に直接的な損害または危害を及ぼす可能性のある行動の棄権を意味します)。

非悪意の原則は、患者に直接的または間接的な危害を加えないという基本的なことへのコミットメントを意味するため、最も適切であると考えられています。

医師が患者に治療または外科的診療を処方するとき、彼はリスクと利益を評価し、それらを比較検討し、これに基づいて問題の診療を行うかどうかを決定しなければなりません。

そして、患者に直接影響を及ぼし、手術や治療を受けるかどうかを患者が言うことができる自律性の原則に関して、最も象徴的な例は、患者が彼の許可を与えることからなるインフォームドコンセントの例です。医療行為が差し迫る前に書面で受け入れる。

その受け入れは、あなたが受ける実践の賛否両論についてのあなたの知識をマークします。