減価償却の定義

減価償却とは、時間の経過または需要と供給の調整の結果として特定の資産が被る価値の損失です減価償却費は、他の市場と正のいくつかの薬剤について陰性であることができ状況ですが、真実はいつ、どのように予測するいずれかのシナリオで理解されるべきであるということ、それはなりますが起こります。確かに、多くの状況で絶対的なレベルの先見性は不可能ですが、常識に基づいて行動を起こすことは、所有する資本を維持する上で非常に重要です。

資産の減価償却

すべての物的資産は、時間の経過とともにある程度の減価償却を受けます。確かに、市場に存在する使用、損耗、および改善により、有形の商品は、販売または購入できる価格を徐々に失います。車両の場合、この価値の喪失は通常より顕著であり、次に商品や工具、機械、そして最後に建物が続きます。償却は会社の貸借対照表で定期的に計算され、現在は資本を確立すると見なされています。これらの場合、減価償却は市場の変動と資産の使用に依存します。

金融資産に言及する場合、これらの力がそれらの資産の状態に依存することを確立することは重要ですが、減価償却は需要と供給の間のゲームによっても引き起こされます。実際、利益の増加を報告した会社の株式は通常、需要が増加しますが、逆の場合は供給が増加します。債務証券に関しては、その価格はその時間とリスクに依存します。このように、これらの有価証券の回収が困難であると評価された場合、価格は下落し、債務の支払いが安全であると考えられる場合、価格は上昇する傾向があります。

財政の知識の主な肯定的な側面の1つは、自分が所有する遺産を守ることを学ぶことができるという事実です。この意味で、市場の変動や単なる時間の経過の結果として資本が被る可能性のある減価償却の可能性を評価することは非常に重要であり、この問題に関する知識を大幅に増やすための指針となるはずです。