評価の定義

評価とは、商品またはサービスを売買市場に配置することを目的として、その商品またはサービスに経済的価値を割り当てることです。

金融と経済にとって、評価または評価は、特に製品またはあらゆる種類の商品の最終的な価値を決定し、したがって経済活動におけるその交換を可能にするためのさまざまな指標の熟考であると見なされます。

評価の1つのタイプは、不動産タイプの資産と権利を評価しようとする都市計画です。これは、多くの場合、変革などの場合に参加者または所有者間でコストを公平に分配するためです。これらの場合、(類似の資産の)比較方法、(資産によって生み出される純利益の観点からの)資本化方法、地籍価値(規則に従った地籍評価)など、さまざまな評価方法があります。公共)、および土地の残存価値。

所有者が不動産の売却を希望し、潜在的な購入者の参照パラメータとしてその価値の公式見積もりを受け取りたい場合の鑑定について説明します。これらの評価は通常、場所、サイズ、条件、およびその他の指標の基準を考慮します。

評価という用語は、芸術作品、宝飾品、収集品、車両などのオブジェクトの価値を判断する目的でも一般的に使用されます。オブジェクトの評価は、オブジェクトの所有者が交換所でそれらをお金と交換できるように発生する可能性があります。しかし、オークションに出品されるユニークで独占的な作品に関しても非常に頻繁に発生し、関心のあるバイヤーによって引き上げられる(または引き上げられない)オークションの基本価格を決定するために評価が必要になります。

評価または評価は、さまざまな方法で機能しますが、通常、最終的なコストを決定するための主観性または社会的価値の割り当てが含まれています。