現実の定義

現実は、既存のもののセット、およびそれらが相互に維持する関係と呼ばれます。この定義は常識のように聞こえるかもしれませんが、真実はそれが長い間哲学の分野で広く議論された概念であったということです。基本的に、世界を理解する上での感覚の役割に与えられる重要性の程度に常に困難があります。

現実の概念に関する最初の哲学的提案は、たとえばプラトンの作品のように、古典ギリシアで見つけることができます。この哲学者によれば、感覚によって観察できるのは、アイデアの宇宙からなる真の現実の反映にすぎません。したがって、現在の世界は、それ自体のサポートを欠いている表現として解釈されなければなりません。

以前の立場とは異なり、アリストテレスのビジョンがあります。彼は、感覚が私たちに信頼できるものとして与えるデータを評価する限り、完全に現実的な哲学者と見なすことができます。彼にとって、現実の対象は実体と事故の概念によって理解されました。最初はそれを特定のクラスに属するようにした形であり、2番目は種の各メンバー間の変化です。これらの分析要素は大きな影響を及ぼし、セントトーマスが開発した神学で中世にまで達しました。

これらの概念に反対するのは、ジョージ・バークリーの後のアプローチです。このアイルランドの哲学者は経験論を最後の結果に導き、世界の認識だけが存在することを表現するようになりました。言い換えれば、世界の認識はあると言えますが、世界が存在しているとは言えません。デイヴィッド・ヒュームは、「私」と因果関係の概念を批判したとき、これらの声明に触発されました。したがって、これらの解釈は、知覚されるものとは無関係です。

カントは、現実に対してこれら2つの立場を統合しようとし、感覚によって知覚されるデータと、それらに適用される精神的カテゴリー(原因や結果など)の両方を評価しました。この意味で、それは両方の立場の統合を構成します。

まだ議論されるべき問題がありますが、現在、現実の問題はあまり議論されていません。これらの扱いは、何が存在するかを知る私たちの能力に関連し、したがって科学の範囲に関連します。