公理の定義

言語の中で、公理は自明のフレーズまたはアイデアとして定義され、したがって、それを再確認または否定するためにいかなる種類の検証も必要としません。「フアンはフアンです」などのフレーズの場合がそうです。公理はさまざまな分野で使用されていますが、数学や論理などの科学では、あらゆるタイプのより複雑な研究​​や分析の基礎として機能するため、特に役立ちます。

公理は、それが何であれ、おそらく科学的調査の最も重要な要素です。なぜなら、公理は、あらゆる種類の実行を継続できる議論の余地のない真実(その内容で確立され、それ自体で否定することは不可能)を想定しているからです。 。後でそうなる、検証または拒否されなければならない推論または仮定の。公理がなければ、開始する前の真実がないため、公理は科学的プロセスのトリガーとして機能します。伝統的に、このシステムは演繹的です。なぜなら、可能な科学的ルールは既存の公理的真理から演繹されるからです。

より良い紛れもないか、不変の真実があることが、この概念を理解するためには、長期的な公理はギリシャ語から来ていることを追加することができますaxios。この用語は、「何が公正または正しいか」という概念を意味しました。そのため、公理は、正しいため、証明や検証を必要としないものです。

したがって、公理は、その内容や与えられた解釈に関係なく、形式的な構造が残り、常に明白または明示的な何かを想定しているため、言語と論理の真の形式であることを指摘することが重要です。このように、複雑さが増すと質問や拒否のスペースが増えるため、これらは最も単純で最も基本的な論理形式の一部です。