無関心とは»定義と概念

他人に対して軽蔑して行動し、しぶしぶ行動し、他人に対して無関心を表明する人は誰でも、自己満足の行動をとります。それは傲慢で不寛容な人々に典型的な非常に無礼な態度です。

語源的に、無関心という用語はラテン語、特に不快という言葉に由来します。

不適切で非社会的な行動

退屈な態度は、優しさ、敬意、マナーの反対側です。他の人に対処する際には、覚えておくべき書かれていない一般的なルールがあります。私たちは他の人を扱いたいように扱わなければなりません。

自己満足の人は、自分が優れていると思うか、他人に何が起こるかに興味がないために、傲慢と無関心で行動する個人的な理由があるかもしれません。彼の理由にもかかわらず、彼の態度は無礼で共感がないことを示しています。

妥協の欠如

ノンチャランスという言葉は、活動への関心がほとんどないことを指す場合があるため、誰かに対する軽蔑的な行動を表すために常に使用されるわけではありません。決意と関心なしにタスクや活動を実行する人は誰でも、自己満足と見なすことができます。この意味で、彼らの態度は他の人に投影されるのではなく、特定の活動に現れます。

勉強に意欲のない学生や、仕事に専念しない労働者は、自己満足行動の典型的な例です。場合によっては、特定のジェスチャーや声のトーン(たとえば、あくびや興味の欠如を表すしかめっ面)は、否定的であると見なすことができます。

通常、タスクに無関心な人は、感情的に切り離されていると感じます。言い換えれば、彼らは義務を果たしますが、彼らがしていることに熱意はありません。

この行動を正当化する理由がある場合もありますが(たとえば、労働搾取の状況で働く人)、自己満足の態度は心理的に有害な反応であり、推奨されません。したがって、他に選択肢がないために義務を果たさなければならない場合は、怠惰や怠惰ではなく、最小限の熱意でそれを行うことが望ましいです。

匿名用語

単語の本当の意味を理解するには、反対の意味を持つ単語、つまり反意語を覚えておくと役立ちます。この意味で、礼儀、優しさ、喜びまたは満足は無関心の反意の一部です。

写真:Fotolia-Benner / Khabarushka