教室の定義

教室は、学問レベルやそれぞれに与えられた知識に関係なく、正式な教育-学習プロセスが行われるスペースです。教室は一般に、前述のプロセスに関係する科目、つまり教師と生徒を収容するのに十分なスペースが必要な、さまざまな寸法の部屋です。このスペースは通常、教育者の作業用の領域と、学生が最良の結果を得るために可能な限り最も快適な方法で作業するためのより広い領域で構成されます。

教育と学習のプロセスを発展させるための不可欠なスペースとしての教室の実施は、特に19世紀に行われ、その時点で教育は少数の人々の手に渡ることをやめ、ゆっくりと社会のすべての部門に広がり始めました。したがって、さまざまな種類の学校や教育機関を作成します。その場合、教室は、特別に決定された学生のグループが教師のクラスに参加する、より大きな機関の部屋または部屋になります。この状況は、初等教育から大学までのすべての学校レベルで繰り返すことができます。場合によっては、特定の教育分野では、コンピューター、音楽、体育、言語、実験室などの特定のスペースが必要です。

教育と学習のプロセスで最良の結果を達成するには、教室に特定の特性が必要です。そもそも、生徒と教師の両方にとって場所の要素が、自発的で快適で永続的なコミュニケーションを可能にすることが非常に重要です。これが、ベンチが通常、教師の展示エリアに向けられているか、教室のすべてのメンバー間の接触を促進しようとする円形に配置されている理由です。一方、教室には、光、清潔さ、空間、換気、適切な温度などの活動を適切に開発するための基本的な設備が整っていることも必要条件です。

通常、教室のスペースは、同じメンバー全員の特定の行動規則の履行を意味します。これらの行動規範は、最高の研究と労働条件を生み出すこと、そして存在する個人の間で尊重することを目指しています。これらのタイプのルールに関しては、各教師と各教室スペースは離れた世界を意味する可能性があります。