課外活動の定義

課外という言葉は、カリキュラムの一部または一部ではないもの、つまりそれを理解していないものを説明するために教育で広く使用されている用語です。

学校のカリキュラムには含まれていないが、通常は学校で行われる活動またはコンテンツ

音楽、スポーツの練習、言語の学習などの活動は、課外活動で学ぶことができ、場合によってはそのように見なされます。

カリキュラム:学生に知識をもたらすことを使命とするカリキュラム

一方、カリキュラム、教育機関で教えられている学習計画で構成されており、学生がそこに含まれる内容を理解し、そこから能力と可能性を伸ばすことを目的としています

カリキュラムには、学生が取得する一連の目標、問題の主題の内容、教育目的を達成するために適用される方法論的基準、および教育の影響を評価するために確立される評価手法が含まれます。

カリキュラムの概要では、初等、中等、大学の対応するレベルの学習が考慮され、そこから何を教え、何を学ぶべきかを確立することが開始されます。

同様に、カリキュラムは生徒の本当のニーズを考慮し、生徒、教師、保護者、学校当局の間でコミュニケーションと参加のチャネルを開く必要があります。

優れたカリキュラムは動的であり、学生の可能性を高めるために絶えず進化し、包括的である必要があります。つまり、すべての人を含め、学生間の違いを反映する必要があります。

カリキュラムの構成要素

どの機関のカリキュラムも、次の要素で構成されています。学習計画(科目とスケジュールごとに教育活動の時間を整理する)、学習プログラム(達成する目的と学習する内容をそれぞれの方法論で学年を整理する)および評価システム))、進捗マップ(各科目での学生のトレーニングの進捗状況を示す)、達成レベル(特定の科目での各学生の成績を示す)、教科書(カリキュラムが学生が学ばなければならないトピックを含む)、評価(教育の影響を判断するために不可欠です)、教育学的ライン(創造性の発達とクラスやその他の活動への学生の参加を刺激する社会認知的アプローチを意味します)。

注意力、社会化、学習の改善における課外活動の重要性

課外活動は授業時間外に行われますが、それでも学校の基本的な部分であり、通常は学生にとって大きな関心事ですが、文化、芸術、スポーツの2つの大きなグループに分類できます。

スポーツの中で、サッカー、バレーボール、水泳、ラグビーなどのスポーツの練習、および文化的および芸術的スポーツは、とりわけ、絵画、音楽、演劇、環境からなることができます。

間違いなく、これらの活動が学生に提供する主な利点は、チームで行われるように設計された実践であるため、社会化を促進することです。

学生が社交性や学習の面で問題を抱えている場合は、通常、何らかの課外活動を開始することをお勧めします。これは、学習能力、注意力、子供や若者の自信を高め、自尊心を高めます。

彼らは興味を育て、ストレスを回避し、スキルを発揮することを可能にします

どの課外活動を行うかを選択できることで、生徒は自分の興味や能力の発達を表現し、集中することができます。これは明らかに自分の尊敬にプラスの影響を与える問題です。

それらが実行されるにつれて、学生が社会面の改善を示すことができ、また新しい計画の実現に関しても驚くことではありません。

一方、彼らはリラックスの瞬間を提供し、教室での学習のストレスから逃れ、リラックスし、楽しんで、物事を学びますが、プレッシャーはありません。

したがって、上記の問題のいずれかを持つ子供が歌ったり、楽器を演奏したり、絵を描いたりするのが好きな場合は、間違いなくそれらの利点を吸収するので、これらの可能性を提供する課外活動に参加することを奨励する必要があります。

さて、子供たちは不安やストレス状態に貢献し続け、趣味を学んだり開発したりしてリラックスできるという意味では役に立たないので、これらの活動を開発するように圧力をかけられるべきではないと言うことが重要です。