一方的な定義

一方的という用語は、問題の状況が単一の当事者または単一の側面に関係するか、それに限定されることを示します。

単一の部分または側面に限定される状況。アプリケーション

たとえば、一方的な決定であるこの種の決定は、その決定に固有の事例において、問題について意見を表明し、決定した他の当事者の参加を認めなかったこと、つまり、完全に独自の方法で決定が下されたことを特徴とします。そのような最終的かつ一方的な決定を下したのは一人の人の判断にのみ介入する方法。

通常、この種の決定は、自由、平等、民主主義が普及しておらず、絶対的な権力を持っている一人の自由意志に決定を任せている状況で通常発生します。

この種の行動と意思決定の方法は、他の利害関係者と合意して最善の決定を下そうとする前のコンセンサスのステップがないことを意味するため、ケースごとのこの感覚は絶対に否定的な意味合いを持っています。

私たちに関係する概念は、商業的および法的な問題において、介入する当事者の1人にのみ影響を与える側面を指すために特別に使用されます。

反対側は、二国間という概念であり、2つの当事者が関与して問題の影響を受ける状況を指します。

社会では、さまざまな当事者間、つまり、契約を通じて維持されるリンクを確立することを決定し、貿易、生産、制度を維持するという使命を持っている人々の間で、常に関係があります。

一方、協定は、自然人、法人、組織間で国内で締結することができ、異なる国、隣人、またはそうでない国の間で締結することもできます。

通常、署名されたこれらの契約は、とりわけ、商業、セキュリティ、業界開発の問題に関連しています。

相互の義務と権利

協定は常に相互の義務と権利を暗示しており、もちろん各当事者が尊重しなければなりません。もちろん、それが実現しない場合、不作為を被った者はコンプライアンスを求めて訴えられ、罰せられる可能性があります。

一方、一方の当事者が他方の当事者と署名した合意を尊重しない場合、たとえば合意に達する場合、一方的に行動し、これは締結された合意に明らかに影響します。

たとえば、政治では、アイデアは絶えず議論されており、特に立法の分野では、さまざまな政党の間でコンセンサスが求められています。さて、議会の過半数を占める行政府がコンセンサスなしにそれ自体で行動するとき、それはそれが下した決定において一方的に行動したと言われるでしょう。

この行動は間違いなく民主主義体制に影響を及ぼします。

一方的な契約

一方、一方的な契約、それに署名する一方の当事者のみに義務発生させるものになります。

この種の契約では、寄付契約が際立っており、その契約から、人は、引き換えに利益を受け取ることなく、商品または権利の所有権を譲渡する義務があります。そして、このカテゴリーで際立っているもう一つの契約は、ローンと呼ばれる契約です。これにより、一方の当事者が別の家具やその他の商品を完全に無料で提供し、使用後に一度使用すると、種はそれが配達されたのと同じ条件で返されます。

片側という言葉を認める別の使用法では、片側だけにあるものを指すことができます。

一方、外交の分野では、一方的な用語の使用も頻繁にあります。この意味で、同じ状況の影響を受ける可能性のある同業者に相談することなく、国が個別に行う決定を想定しています。

そして、片側だけにあるものも片側と呼ばれます。