民間部門の定義

民間部門は、国家によって管理されていない一連の経済活動です。公共部門では主な役割は国の手にありますが、民間部門では会社が基本的な要素です。

民間企業がこのセクターの原動力であると言うとき、その規模や法的形態は問題ではないことを心に留めておく必要があります。会社は、個人または数千人の労働者によって形成される可能性があり、合法的に異なる組織オプション(合資会社、株式会社、パートナーシップ、会社の一時的な組合、またはUTE ...)があります。いずれにせよ、民間部門の主な目的は、他の企業と競合する市場で商業化しようとする製品またはサービスを通じた経済的利益です。

お金を稼ぐことを目標に

経済的利益は民間部門の基本的な側面ですが、それだけではありません。さまざまな企業がさまざまな経済部門で雇用を創出し、雇用には明らかな社会的側面があり、経済的側面だけではないことを考慮に入れる必要があります。

民間部門のもう一つの関連する問題は、その社会的責任です。近年、一部の企業は、その活動を導くために経済的だけではない基準を組み込んでいます。倫理と特定の価値観は、起業家精神の一部である可能性があると言えます。この現実には、企業の社会的責任(CSR)という名前が付けられています。これらの企業の基本的な特徴は、その社会的側面(たとえば、環境への取り組み)が自主的であるということです。

民間部門または公共部門の議論

2つのセクターの重要性に関して、経済学には古典的な議論があります。いくつかの政治的立場から、私的または公的領域の役割が擁護されています。一部の人々にとって、公共部門は、平等、社会正義の保証であり、社会的不均衡がそれほど深刻にならないようにするため、維持および強化されなければなりません。他の人にとっては、公共部門は効果がなく、非常に高価で介入主義的であるため、民間部門を経済の真の原動力として使用し、国民を最小限の表現に制限する必要があることを理解しています。

イデオロギーの観点からは、民間部門の支持者はリベラルまたは新自由主義の政治組織であり、国民の擁護者は社会民主主義のイデオロギーです。

実際には、2つのセクターは経済分野で関連しています。これは、一部の公共サービスは、サービスの譲歩または下請けを通じて民間企業によって管理されているためです。