予測の定義

最も広い意味で、予後という用語は、アナウンス機能を果たすために互いに続く特定の兆候、兆候、症状、直感、研究、過去の歴史などを通じて、将来何が起こるかについての予想される知識を指します

「彼が研究に努力しているのを見て、彼の将来の仕事についての予測は本当に幸運です。」

さまざまな科学的要素や直感から予測できることを事前に知っている:医学や気象学での広範な使用

一方、医学の要請により、患者が示す症状に基づいて、予見可能な病気の発症について医師が判断するという予後が得られます。

同じ範囲内で、予約された予後、症状がより具体的な診断を実際に決定するのに十分でない場合、または傷害の影響または患者の状態の進化

一方、気象学は、その概念がより一般的になり、認識されるようになった場所です。なぜなら、予報、あるいは天気予報は、大気が惑星の特定の地域に存在し、将来の期間に存在するであろう状態を十分に確実に予測するための技術と科学の応用であるからです。

特定の予測を達成するための最も効果的な方法は、問題の大気、湿度、温度、風などについて可能な限り多くのデータを収集することです。

今日、明日、翌日、週末がどのようになるかを知ることは、人々にとって非常に重要な問題になり、プログラムや活動、または朝の服装を定義することは、したがって、そのような情報がの見出しの一部であるということです新聞やテレビ番組。今日、最初に天気予報を見たり読んだりせずに家を出る人はほとんどいません。

予測は、予測のアクションの結果です。これは、まだ起こっていないことについて冒険することと同じですが、兆候、兆候によって、予測することができます。

直感対科学

いくつかの文脈で行われる予測の多くは、議論や確固たる基盤なしに行われる可能性があります。たとえば、プールで引き出される可能性のある数字の予測、またはで勝者となるチームの場合です。マッチ。スポーツ。

これらの場合、介入するのはその人の直感であり、それを決定することを可能にするこの点に関する確固たる調査ではありません。

しかし、医学的予後または気候に対して行われるものは、資源と科学的要素が介入する研究を通じて行われます。

間違いや予測が十分に正確でない可能性がありますが、予測には科学的な根拠があります。

今日、天気予報を知らずに外出したり何かを計画したりする人は誰もいません

今日の人々が天気予報に帰するこの関連性は、友人との外出の計画から収穫が観察できる結果まで、私たちが実行する日常の活動の多くが複雑であるか、天気によって好まれる可能性があるという事実と関係があります。過剰であるか、雨が不足しています。

その結果、今日、天気予報士や気象学者はマスメディアの重要な部分になりました。天気に関するレポート専用のインターネットページもあります。もちろん、スマートフォンを使用すると、提供するアプリケーションをダウンロードして、詳細な情報を即座に入手できます。私たちの街の天気と私たちが知りたい世界のあらゆる場所の天気。

基本的に、気象学者は、温度、湿度、降雨量、風などの気象要素からのデータを衛星などの技術ツールや技術と接続することにより、特定の地域の気象を予測します。