ノートの定義

ノートという言葉には、ほとんどの人が広く使用し、認識している3つの意味があります。

一方では、メモによって、書かれた文字または図面のセットを実質的な情報とグループ化し、それらを書く人にとって非常に重要であり、その主な目的は後でそれらを覚えたりレビューしたりできるようにすることであることが知られています。必要に応じて

基本的に、メモは、場合によっては、たとえばスピーチの要請で、その中で開発される顕著なテーマに注意して役立つ一種の記憶補助の役割を担うことができます。また、メモは通常、作家や脚本家などの芸術活動を展開する人々にとって基本的なツールです。これは、通常、作品の準備段階で、または書かれていないときに使用されるためです。何か他のことをしているのですが、やむを得ない質問やアイデアがあり、そのアイデアをメモに書き留めて作品に追加します。

メモはどんな種類の紙にも載せることができます。実際、私たちは通常、手に近い紙をつかみますが、この目的のために厳密に意図された特殊な文房具製品があります。今日でも、携帯電話やコンピューターなどの一部の電子メディアが私たちの生活に刻印している結果として、メモは通常、メモの編集と整理が必要なオプションや特殊なプログラムを通じて、記憶に残ります。

一方、音楽の文脈では、音符は振動によって決定され、基本周波数が一定である音を指します。音符の名前は次のとおりです。ド、レ、ミ、ファ、ソル、ラ、シとその起源は何世紀にもわたって遡り、ベネディクトフリウリの僧侶パウルス・ディアコンによる詩「聖ヨハネ賛美歌」にあります。この詩の各行の最初の2つの単語は、言及されたメモに対応しています。

そして最後に、世界の一部の地域では、メモという言葉は、メディアの専門家によって作成される場合とされない場合があり、マスメディアによって公開または配布され、現在のいくつかのジャーナリズム記事を指すためにも使用されますトピックまたは彼らは、ほとんどの人が興味を持っているが、厳密に最新のものを参照していないいくつかのトピックの説明を提供します。