平行線の定義

Aラインは、従って、線はいずれも先頭端部を有し、その配列は連続的で無期限であることを特徴としている間、すべて、同じ方向に位置する点の無限の連続です。平面と点とともに、線は基本的な幾何学的エンティティの1つです。また、並列とは、類似した、対応する、または同時に開発されたものを指すために使用される形容詞です。

線は、開始はあるが終了がない光線、および特定のポイントで開始および終了するセグメントとは大きく異なることに注意してください。

したがって、平行線と、同じ平面にあり、同じ勾配を持ち、共通の点がない線のことです。つまり、交差したり、接触したりせず、延長線も交差しません。最も人気のある例の1つは、線路の例です。

それらのプロパティは次のとおりです。反射(すべての線がそれ自体に平行)、対称(1つの線が別の線に平行である場合、最初の線に平行になります)、遷移(1つの線が別の線に平行であり、これが一度である場合) 3番目に平行、1番目は3番目の線に平行)、遷移pの結果(3番目に平行な2本の線は互いに平行になります)および結果(すべての平行線は同じ方向になります)。

一方、平行線に関連する定理は、次のことを示しています。平面では、3番目に垂直な2本の線は互いに平行になります。線の外側の点を通過すると、その線に平行な点は常に通過します。また、線が2本の緯線の一方を切断する場合、もう一方も切断し、常に平面で話します。

平行線の描画は、定規と正方形、または定規とコンパスを使用して実行できます。

歴史を通しての線の研究

ユークリッドはギリシャの古典派時代に非常に有名な数学者であり、彼のすべての貢献のために、彼は幾何学の父と見なされています。彼は紀元前325年から265年の間にアレクサンドリアに住み、指導方法を知っている同僚のチームと一緒に、世界で最も人気のある科学的作品の1つと見なされているTheElementsの作品を書きました。それ以来これまでに教えられてきた幾何学の基本的な知識の大部分

一方、そうでなければ、ユークリッドは線の問題に対処し、前述の要素の本の第5の仮定で、平行公準を確立したか、ユークリッドの第5の仮説とも呼ばれました。その中で、ある線が他の2本の線に入射したときに、その辺に対応する内角が2本の直線よりも小さい場合、2本の直線よりも小さい角の側に無期限に伸びる2本の線が見つかると記載されています。行が見つかりました。