起業家精神の定義

私たちの言語では、起業家精神という用語は、個人が自分の手段と努力によって実行および管理するビジネスを示すために使用され、彼が維持されていると報告する経済的利益のおかげで、つまり、誰が衝動を起こしますか?アイデアとして、企業は依存関係で働いているとは思わないが、その貿易または事業の所有者であり、その資源を投資することに加えて、それから生じる総費用と収入を引き受けるだろう。

一般に、起業家精神は、それを開発するための努力が原因である個人的なプロジェクトとして発生し、多くの場合、それを実現するための障害や困難を回避することも含まれます。

したがって、この概念が最も大きく聞こえるのはビジネスの分野です。

一方、前述の企業で成長する個人は、一般に起業家として知られています。

起業家精神は人類の歴史を通して絶え間ない特徴でしたが、最近および経済危機のシナリオでは、失業中の経済の地平線に飲める人々の飲用の出口として現れるため、最も頻繁に提示される場所であることに注意してください。たとえば、仕事がないまま放置されているため、自分たちのビジネスを生み出し、失業によって失われた収入を取り戻すことができます。

しかし、注意してください、主題を研究する人々は起業家になるためにそれは必要性または欲求で十分ではなく、それをうまく強化することができるために一連の資質と能力が必要であると判断したので、起業家精神はすべての人のためではありません、たとえば、これは、ダイナミズム、柔軟性、強さ、創意工夫、新しいシナリオへの適応のしやすさ、作業能力、創造性など、最も重要なものです。

前述の特性は、特にベンチャーに定期的に現れる障害をウエストラインと力強さで克服するために不可欠です。言い換えれば、合併症のない事業は事実上不可能であり、したがって、それは不利なシナリオに直面したときにかゆみがない人々を対象としています。

一方、成功するベンチャーは通常、創造性の割り当てが高いものである、つまり、ほとんどまたは直接未開発の問題を提供し、さらに言えば、すぐに成功することを無視することはできません。