事務機器の定義

以下で扱う事務機器の概念を進める前に、まず概念を構成する用語を明確にする必要があります。

オフィスは、特定の仕事の実現に運命づけられているその場所です。それは、さまざまな方法で編成され、実行する機能とそこで働く労働者の数に応じてさまざまな特性を持つ物理的な空間です。

一方、チームとは、特定の目的を達成するために編成され一連の人または物です。各メンバーは、機能を実行し、特定のニーズを満たす責任があります。

したがって、前述のことから、オフィスチームは、オフィス内で一般的なタスクを実行して成功するために必要なすべてのマシンとデバイスで構成されていることになります

スキャナー、コンピューター、電話、ファックス、椅子、机、その他の備品は、オフィス機器として知られているものを構成しています。これらの各要素は割り当てに貢献し、オフィスが日常業務を遂行するために必要になります。これらの存在はオフィスで繰り返し発生しますが、それがないとオフィスが機能しないという意味ではありません。つまり、これらがあれば、タスクはより簡単で効果的な方法で解決され、実行されます。もちろん、常にまた、それぞれに固有の特性にも依存します。

個人や技術が進化したように、オフィス機器も同じように機能しました。たとえば、数十年前はタイプライターのないオフィスは考えられませんでしたが、今日ではこの機器は事実上時代遅れになり、パソコンに定着しています。

また、変更されたもう1つの問題は、オフィスの装飾とデザインです。これは、長年にわたってアップグレードされ、機能と利点を保証するこれらの重要な要素を統合しています。

官公庁は民間事務所とは異なります。主な理由は、前者は通常、後者よりも古い機器やデバイスを備えているためです。